アート勉強方法 海外美大受験

デッサン至上主義について現時点のぼくの見解を述べる

投稿日:2017年4月2日 更新日:





画像

 

日本の美術界って、見たものを見たままに描く技術(写実性)を超重要視するスタンスが未だに色濃く残っています。

 

 

重要視するだけなら良いことなんだけれど、それが正義みたいな風潮すらある。

 

 

所謂デッサン至上主義です。

 

 

美術界だけでなく、アートに関わりのない一般の人も、写実的であるかどうかが、絵がうまいか否かの尺度になっている。

 

 

でもそれが全てではないと思っています。

 

 

写実性以外にどれくらい多くの視点を持って絵を観賞する事ができるかが、その人のアートリテラシーだと思います。

 

 

デッサンがうまい=絵がうまいなのか

画像

 

目に見えるものをそのままの通りに描くって凄いことだけど、それが絵の優劣を測る絶対的な基準にはなり得ません。

 

 

むしろ判断基準をその一つしか持ち合わせていないというのは、アートに対して造形が浅すぎる。

 

 

誤解を恐れずに極端なことを言うと、

 

デッサンがうまい=絵がうまい

 

ではなく、

 

デッサンがうまい=デッサンがうまい

 

なんだとぼくは思っています。

 

 

デッサンは筋トレに似ている

画像

 

デッサンは大切です。そして筋トレに似ていると思います。

 

 

デッサンをすることで基礎体力が身に付くっていうよく聞く話ではなくて(もちろんそれもあるけれど)、概念として似ているということです。

 

 

例えば野球選手が筋トレをするとします。

 

 

山田哲人のようにトリプルスリーを達成するには、筋トレは欠かせません。

 

 

しかし理想の肉体を手に入れたとしてもまったく打てなかったら意味がない。

 

 

だから、マッチョ=野球がうまいとはならないですよね。

 

 

マッチョ=マッチョです。

 

 

打つためには筋トレは必要だけど筋トレ自体が目的ではないということ。

 

 

ただここで触れておくべきなのが、デッサンは写実性を追求すれば、スーパーリアリズムっていうひとつのジャンルとして立派にアートシーンに市民権を得ているということです。

 

つまりデッサンがうまい=凄いは成立する。

 

 

筋トレもまさに同じで、活躍できないマッチョな野球選手は野球選手としては意味がないけれど、ボディービルダーとして活躍できるレベルならばそこには価値がある。

 

 

マッチョ=野球がうまいにはならない。あくまでマッチョ=マッチョだけれど、

 

 

マッチョ=凄い

 

 

になる可能性はあるということです。

 

 

欧米のアートシーンではどうか

画像

 

欧米のアートシーンでは、写実的な作品ではなく、アブストラクトな作品の方が評価されている節があります。もちろんスーパーリアリズムも評価されますが。

 

 

もう少し正確に言うと、アーティストの人間性、発言、作品のコンセプト、作品が社会に与えた影響や概念をトータルで評価されるのが欧米のアートシーンのルールです。

 

 

だからやっぱりデッサンはデッサンでしかない。作品の前後の文脈が薄いからです。

 

 

ただ、デッサン肯定派の意見として、デッサンもできないのに抽象画に走るやつは嫌いだっていう意見があるけど、それはその通りだと思います。間違いない。

 

 

表現をするための最低条件として、必ずデッサンを練習する必要はあると思います。言語でいうところの文法を学ぶ感覚に近いものがあるからです。

 

 

だからアニメーションをやるにしても、デッサンやアナトミー(美術解剖学)、パースペクティブを一通り勉強することで、空想の風景やキャラクターにも説得力が出るわけです。

 

 

ぼくの見解

ぼくはデッサンを軽視しているわけではありません。

 

 

デッサンは大切だし、極めればそれ単体でアートとして成立する事もある。ただそれが唯一無二の正義ではない。

 

というのがぼくの意見です。

 

 

カルアーツのコミュニティで絵を見せ合って、皆が食い付くのは写実的な絵ではありません。

 

 

満場一致でぼくらが食い付くのは、個性が強くてwildでcrazyな絵です。

 

 

じゃあ、めちゃくちゃな絵を描けば良いのかと言うとそうではなくて、画面の中で何が起こっているのかが分かる説得力が同時に必要で、そこが難しくて面白いところだと思います。

 

 

だからやっぱりデッサンは大切で、ぼく自身ももっとやらなければと思っています。



Follow me!

-アート勉強方法, 海外美大受験
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

カルアーツを目指す人にありがちな5つの間違い

  ぼくは、カルアーツ受験1回目のときは日本の美大予備校に通い、2回目のときはNYのアートスクールに通っていました。   2回目の挑戦でカルアーツに合格し、いざ振返ってみると、1回 …

画像

海外の美大のレベルって高いの?SVAのオープンスタジオで受けた衝撃。

『海外の美大と日本の美大、どちらの方がレベルが高いですか?』   という質問を頂くことがありますが、これは何とも言えないです。   大学としてどういう人材を輩出したいのかが全く違い …

画像

カルアーツに通うとこれだけ成長できる!Leoさんの実際の作品と共に4年間のカルアーツ生活を振り返る

実際にカルアーツに通うと、4年間で絵がどれだけ変わるのか。海外の美大で自分は本当に成長できるのか。     これ、気になりませんか?     特にカルアーツに興 …

画像

仕事しながら絵の勉強をしていた時の1週間の生活リズム

  2016年4月からは、仕事しながら週末だけ学校に通っていました。   当時はサラリーマンでしたが、ほぼ絵とTOEFLの事だけしか考えていませんでした。   その頃の生 …

画像

カルアーツってどんな大学なの?カルアーツOBの現役3Dアーティストにぶっちゃけてもらった!

ついに、かねてから温めていたコラボレーション企画が実現!     カルアーツを卒業後、アメリカでクリエイターとしてご活躍中のLeo Ogawa Lillrankさんに、インタビュー …