元会社員の俺がカルアーツに合格した話

iPadだけでLINEスタンプ作ったらクソ売れなかった話

投稿日:2017年4月9日 更新日:





『学費稼ぎたいならLINEスタンプでも作りなよ!』

 

 

ってよく言われるんですが、実は1年以上前に既に作っているのです。

 

画像

 

今回はその時の話を少々。

 

 

受験が終わったからLINEスタンプを作ることにした

画像

 

1回目の海外美大受験が終わった2016年1月頃の事です。

 

 

LINEスタンプでそれができるのか分からないけど、アートを通して資本主義社会との接点が欲しかったんだと思います。

 

 

ていうか、1円でもいいから、自分のアートでお金を稼ぐという体験がしたかったんです。

 

 

ていうか、学費を少しでも稼ごうとしたんです。大学に既に受かったつもりでいたんです当時は。

 

 

LINEスタンプの作り方

作業自体はそんなに難しくないです。

 

・スタンプのアイデアを40個考える

・イラストを描く

・LINEに申請する

・審査にクリアすれば販売可能

※今はガイドライン変更に伴い最低8個から申請できるみたいです。

 

これだけ。

 

 

ちなみにぼくは全作業をiPadだけで完結させました。

 

 

iPadだけでアートをやるという個人的な裏テーマもあったので。

 

 

LINEのレギュレーションを順守しなければならない

LINEが設定しているレギュレーションに違反していると判断されると、申請が却下されてしまいます。

 

 

例えば、

 

・公序良俗に反するものはNG

・性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るものはNG

・画像のサイズや容量を守る

・シンプルすぎるものはダメ

・使い道がないのはダメ

・オリジナル作品のみ

 

などなど。興味がある方は公式のスタンプ審査ガイドラインをご参照ください。

 

 

ぼくは確かサムネイル画像の透過をし忘れていて、1回ペケをくらった記憶があります。

 

 

審査に時間がかかる

画像

 

レギュレーションに違反していないか確認したら、いよいよ申請するんですけど、これがやたら時間がかかる。

 

 

一般のクリエイターがLINEスタンプを販売できるようになったが当初は、平均3ヶ月待ちだったらしいです・・・

 

 

ぼくが申請したのは2016年2月頃でしたが、申請期間は確か2~3週間程かかりました。

 

 

3週間待って却下され、修正して再申請し、また3週間待って却下され。みたいな事が書かれた怒りのブログを当時よく目にしました。

 

 

で、作った。

画像

 

ぼくがつくったのがこれ。

 

その名も、『未婚女子』

 

 

友人が次々結婚していく焦燥感と戦う、未婚女子のためのスタンプ。未婚、それは無限の可能性を意味する。既婚女子も使用可。

 

 

未婚女子の友人からビビットな意見を頂戴しながら作成したわけです。

 

 

使用したツールとかかった費用

iPad:元々持っていたので費用には入れません

作画から申請まで、全ての作業はiPadで行いました。

 

 

スタイラスペン:5,000円

LINEスタンプ作成後もiPadでスケッチしようと思って、良いのを購入したのです。

 

 

Procreate:720円

お絵かきアプリですが、プロ仕様の凄いやつです。

イラストの作成プロセスを動画化してくれるタイムラプス機能がデフォルトで付いている。
 

 

スタンププレゼント費用:720円(120円×6人)

最初に6人の友人にプレゼントしました。そこから少し広がってくれました。

 

 

合計6,640円なり。

 

 

結果、クソ売れない

画像

 

そりゃそうだ。そもそも既にLINEスタンプはアホみたいに飽和している。

 

 

その上ぼくのスタンプは非常に使い辛い。使うタイミングがなさすぎるんです。

 

 

自分のセンスを疑う。キャラクターデザイン的には割と好きですが、LINEスタンプとして時流を読むセンスは皆無。

 

 

でも何故か海外だとすこーし売れる

画像

 

あまりに日本で売れないので、そのまま英語にして海外でも販売開始したら、海外の方が少し反応がよかったです。

 

 

特に台湾で使って頂いているみたい。こういうのが好きなんですかね。

 

 

ちなみに、海外版のスタンプ名は、『Charming Love Handle』。

 

 

脇腹のお肉の事を、英語ではラブハンドルと言うらしいです。

 

 

カップルが抱き合う→腰に手を回す→むにゅっと掴める→取っ手みてーだなおい

 

っていう事のようですが、別に太っているという意味合いはないみたい。

 

 

結論:全く売れない。でも楽しい(笑)

画像

 

販売開始から1年3ヵ月が経過した現在の売り上げ実績は、

 

 

1,778円。 ご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 

 

ちなみにここから源泉所得税と送金手数料540円が引かれます。エグい。

 

 

完全な赤字なのですが、そんなことはどうでも良い。自分の作品が世に出て、初めて誰かに使ってもらえるという喜びを味わえただけで十分です。

 

 

売上管理なんてもう完全に見ていなかったのですが、この記事を書くために確認したら、地味に今でも毎月1~2個売れ続けていました。

 

 

このスタンプを、誕生日やホワイトデーやクリスマスにプレゼントすると、喜ばれたり喜ばれなかったりしますが、

 

良ければ、是非→『未婚女子』

 

 

LINEスタンプ作り、受験が終わって暇な人はやってみてくださいな。

 

 

カルアーツを卒業するまでには、アートを通してちゃんと社会に根を張ると胸に誓う髭猿でした。



Follow me!

-元会社員の俺がカルアーツに合格した話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

カルアーツ合格記05話:退職前の準備と退職後の生活

このシリーズは、海外美大留学や絵の勉強法方に関するノウハウではなくて、その名の通りぼくのカルアーツ合格体験記です。     さて時は、2015年9月。     …

画像

1回目のカルアーツ受験はなぜ不合格だったのか考察してみた。

  ぼくは一回目の受験ではカルアーツに不合格でした。     当時は落ち込みましたが、落ち武者にしか学べない経験がそこにはある。     ということで …

画像

カルアーツを目指す人にありがちな5つの間違い

  ぼくは、カルアーツ受験1回目のときは日本の美大予備校に通い、2回目のときはNYのアートスクールに通っていました。   2回目の挑戦でカルアーツに合格し、いざ振返ってみると、1回 …

画像

絵がうまい人は何で絵がうまいのか

  『絵がうまい人ってなんで絵がうまいのか』 『どうやったら絵がうまく描けるのか』   と疑問を持つ人は多いですよね。ぼくもそうでした。     絵を描くプロセ …

画像

Macを持っていないと海外美大受験は不利なのだろうか?検証したった。

  デザイナーやクリエイターなど、アートに関わっている人のMac使用率は異常に高いですが、それは海外美大を目指している学生もまた然り。     しかし海外美大受験に必ずM …