英語勉強方法

【書評:ホリエモンの英語の多動力】英語学習に大切なマインドセットについて考えてみた

投稿日:2018年8月28日 更新日:

バイト先のトイレに置いてあった、ホリエモンの英語の多動力という本を読みました。Amazonで1位になってので。

 

 

具体的な英語学習方法ではなく、英語を習得するにはこういうマインドセットや学習姿勢が大切だ、という内容です。

 

 

なるほどと思う部分もあったので、サクッとサマリを書いてみます。英語学習の参考になれば幸い。

 

 

また、学習対象が英語でも絵でも学びの本質的な部分は同じだと思うので、絵の学習に役立つこともあるかもしれません。それではどうぞ!



【英語の多動力】のポイント

コツは「楽しく」「少しずつ」「永遠に」

語学は二ヶ月もすると前と同じレベルに戻る。だからどうキープするかが大切。コツは、「楽しく」「少しずつ」「永遠にやる」。楽しくなければ続かない。

 

 

芸人の厚切りジェイソンさんは日本のお笑い番組を見て日本語を勉強したそうだが、意味が分からない単語が出てきてもいちいち調べることはしなかったらしい。それをすると楽しくなくなるから。

 

 

実践で学ぶのが一番手っ取り早い

今まで会ったほとんどの人は仕事を通して英語力を上げていた。日本人は完璧に習得できるまで実践を避ける傾向が強いが、ガンガン英語を使うべきだ。

 

 

仕事で英語を使うチャンスをつかめ。実践を超える勉学など存在しない。

 

 

ハマることから始めよ

まずは一つのことにとことんハマれ。単語とか発音とか。偏っていい。点と点をつなぎ合わせて使える英語という線にしていく。

 

 

モチベーションは単純なことでいい

W杯を現地で見たい!みたいな興味が持てることでいい。むしろその方が良い。英語学習の入り口は純粋な欲求の方が推進力が生まれる。

 

 

義務感で勉強をしない

ハマった勢いを利用して英語に触れ続けることが大切。英語の教材やアプリがたくさん出ているけど、自分に合わないと感じたら即次の教材に移って良い。

 

 

続けることが目的。その教科書を完全に覚えることが目的ではない。

 

 

今すぐ始める

勉強法の研究をする暇があったら今この瞬間に英会話スクールに申込んだ方が良い。走りながら学べ。

 

 

まとめ

カルアーツの同じクラスに、台湾出身でネイティブレベルの英語を話す友人がいます。彼は生まれも育ちも台湾で、語学留学もしたことがない。

 

 

じゃあどうやって英語を学んだのかというろ、小さい頃からただひたすらアメリカのカートゥーンを見まくっただけだと。

 

 

カートゥーンが好きで好きでしょうがなくて、約15年間自分の欲求に従いそれを見続けたら、結果として英語も話せるようになっていたと。ああ、没頭ってこういうことなんだろうなと思いました。

 

 

では最後にホリエモンのありがたいお言葉を。

周囲の人が引くくらい無我夢中になる。それこそが学びだ。

 

 

具体的な学習方法ではなく、マインドセットについて書かれているという点がホリエモンらしいなという本でした。流し読みだけなら小一時間でできる内容です。本屋で太字だけ追っかけても良いかも。

Follow me!

-英語勉強方法
-

執筆者:

関連記事

画像

TOEFLのスコアが大学に届いていなかったからクレームの電話をした話。

  ぼくはTOEFLにまつわる全て、というかETSもろとも大嫌いなのだが、今日はそんなTOEFLがらみでトラブったお話をご紹介。同じような状況になる人も多いと思うので、海外大学進学を検討して …

画像

英会話学校はアリ?ナシ?元AEON生が本音を暴露する

  海外美大受験をするにあたり、英語が使えることは必須です。TOEFLスコアの獲得だけでなく、実際に大学で授業を受けるためにも英語は必要ですね。     そのため、日本の …

画像

海外美大受験において外人の友だちを持つべき3つの理由

海外美大受験をするときに、絶対必要なもの。それは英語ネイティブの人の助けです。     日本からアプライする場合であれば、もうポートフォリオの次くらいに必要不可欠です。 &nbsp …

画像

TOEFL試験当日にするべきこと!まだここから5点アップできる!

  海外美大留学には避けては通れないTOEFL試験。   TOEFL試験のスコアを少しでも上げるには、当日の悪あがきも非常に重要です。   当日の行いが5点を左右すると言 …

画像

日本生まれ日本育ちの僕がTOEFL80点から開放されるまでの道のり

海外の大学や大学院に進学するためには、TOEFLもしくはIELTSと呼ばれる国際的な英語の試験のスコアを提出しなければなりません。     ぼくはTOEFLをチョイスしましたがこの …