元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話

海外留学者におすすめ!HUAWEI P10 liteを買ってみたのでレビューする

投稿日:2017年9月10日 更新日:





画像

長期の海外留学をするにあたり、6月くらいからスマホどうするのか問題をずっと抱えておりました。

 

・留学に向けて、今のスマホをSIMロック解除しようかな?

・それとも新しくSIMフリースマホを買うべき?

・ていうか、SIMフリースマホって実際どうなの?

 

そんなことをダラダラと考えていたら、元々使用していたギャラクシーが故障し再起不能に!(笑)

 

 

ちょうど良いタイミングだったので、恥ずかしながらキャリア端末しか使ったことのないぼくですが、一念発起してSIMフリースマホを購入することにしました。

 

 

色々悩みつつも、はじめてのお買いもの(SIMフリースマホ編)は一応の決着を見たので、ここにまとめようと思います。

 

 

ぼくが求めたスペック

SIMフリースマホは格安スマホとしてのイメージが定着していますし、ぼくもそう思っていましたがそれは大きな間違いでした。

 

 

もちろん低スペックで安価なモデルはありますが、ミドルレンジ、そしてキャリア端末に負けないようなハイエンドモデルに該当する機種もたくさん存在するのです。

 

 

とは言え、端末代はなるべく抑えたいところ。

 

 

そこでスマホでする作業を改めて考えてみました。すると、そこまで無意味に高いスペックは必要ないことが判明。

 

 

海外留学中にぼくがスマホでする作業は、友だちとテキストメメッセージのやり取り、電話、スケジュール管理、メールチェック、ちょっとしたメモ入力、隙間時間にブログ執筆、Instagramへの投稿。あとたまにYoutube見る。

 

 

基本的には連絡を取るためのツールでしかなく、アニメーションの勉強としてリファレンスを探したり動画を見たりするような作業はiPadやPCでします。

 

 

なので、最低限以下のスペックを備えていれば十分という結論に。

 

・SIMフリー端末

海外留学中での使用がメインなので言わずもがな。

 

・デュアルSIM

日本で使用しているSIMは一応番号保管してキープしておきたいし、いちいちSIMを入れかれるのが面倒なので。

 

・バッテリー持ちが良い

すぐバッテリーがなくなるとイライラするから。

 

・最低32GB

ストレスを感じない程度にはヌルヌルサクサク動いてほしい。

最終的にはPCへ移すものの、多少は一時的にリファレンスを溜めると思うので、ある程度の容量がいる。

 

・以上を踏まえた2万円台のミドルレンジ端末

もちろん安ければ安いほど良い。

 

 

ミドルレンジの雄、HUAWEI P10 liteに決定

ASUSとHUAWEIで迷いましたが、シンプルで光沢のあるツルッとしたビジュアルにひかれ、Huawei 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 P10 LITE/WAS-L22J/MIを購入することにしました!

 

 

前作のHUAWEI P9 liteは、SIMフリースマホとしてバカ売れした端末なので、その期待もあっての購入です(家電量販店のデータを集計したBCNランキングでは、11ヶ月連続でSIMフリースマートフォン部門販売数1位を獲得したモンスター端末)。

 

 

HUAWEI P10 lite の簡単なスペックは以下の通り。

 

・2017年6月9日に発売されたばかりの新機種

・CPU:Huawei Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4×1.7GHz)

・メモリ:RAM:3GB / ROM:32GB / Micro-SDスロット (最大128GB)

・バッテリー:3,000mAh, 9V/2A急速充電対応

・ディスプレイ:約5.2インチ

・メインカメラ:1200万画素(1.25μmピクセル/ 開口部F2.2/ 像面位相差AF+コントラストAF/ 電子手振れ補正/ BSI)

・インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)

・SIM スロット:Nano SIM x 2

 

その他指紋センサー、ジャイロセンサーもついていて2万円台という脅威の販売価格。ヤマダでもビックカメラでも人気商品第一位!的な感じで陳列されておった。

 

 

楽天ポイントが貯まっていたので今回はAmazonではなく楽天で購入。ポイントを使って18,000円也。

 

 

さらに詳しいスペックは公式サイトを確認して下さい。ほかにもめちゃくちゃ多くの人がレビューしてるのでそれも参考にされたし。

 

 

開封レビュー

ということで、多少色褪せてしまった思い出を呼び覚まして開封レビューです。

 

 

画像箱が届いた。

 

 

横にヌルッっとスライドさせてあけます。想像以上にパッケージがかっこよくてテンションあがる。

 

 

こんな入り方してます。この構造は初めて見た。

 

 

同梱物はこちら。本体、充電器、イヤホンマイク、スタートアップガイド、スマホケース。

 

 

表面。物理キーは本体側面部分にある電源ボタンと音量ボタンのみ。

 

 

画像背面。カメラ部分に凹凸はなく、つるっとしてます。鏡みたいに自分の顔がうつる。指紋センサーも付いています。

 

 

光沢ある背面という長所を一瞬で無力化してしまう付属ケース(ダサい)。普通のプラスチック製です。

 

 

ケースを装着。完全に光沢がなくなっている。

 

 

ケースは側面はカバーしておらず。

 

 

本体はとにかく光沢がかっこよくて高級感あるデザインなのですが、付属ケースを装着することによって見事にその長所がかき消されるというシステムになってます。また付属ケースはただのプラスチックなので、保護性能も怪しい。

 

 

しかもこの光沢、ツルツルすぎる。確かに見た目はカッコ良いんですが、背面がツルツルすぎるあまり、少しでも斜めの場所に置こうものなら確実に滑り落ちていきます。受験生には不向きな端末。

 

 

そのまま滑って行って高さのある場所から落下した日には、ショックのあまり帰国してしまうかもしれません。それ故何かしらのケースを付けることは必須。

 

 

ということでぼくはこちらのケースを購入しました。

【Spigen】 Huawei P10 lite ケース, [ 米軍MIL規格取得 落下 衝撃 吸収 ] ラギッド・アーマー ファーウェイ P10 ライト 用 TPU カバー (P10 lite, ブラック)

米軍MIL規格取得!落下!衝撃!吸収!と、単語のみを羅列してくるスタイル。漢気を感じます。

 

 

米軍MIL規格取得をしている恩恵は特に感じませんが、カッコいいし今なら半額以下の値段で買えるのでそれで大満足です。こちらは別記事でまとめます。

 

 

1ヶ月使用してみた感想

やはり人気商品だけあって、納得の使用感!ストレスなくサクサク動くし、そもそもビジュアルが想像以上にカッコいい。

 

 

電車の中でブログを書く、思い立った時にアート作品のアイディアをメモ、SNS閲覧、LINE等々という感じでスマホを使っていますが、バッテリーはしっかり一日もちます。

 

 

ただ、ぼくはスマホで音楽を聴かないしゲームもしないので問題なく使用できていますが、日中ずっとハードにスマホをいじりたい人はバッテリーがもたないかも。

 

 

唯一気になる点はカメラ。シャッターを押してから実際に撮影できるまでに1秒くらいタイムラグがあるのがすごい気になる。ベストショットを逃す。最初から写真は一眼レフカメラを使うつもりだったので別に良いけど。

 

 

それ以外の使用感は非常に良好!

 

 

まとめ





読者の皆さんにとっての最適なスマホは、留学中のライフスタイルによりけりだと思うので、ぼくみたいに

 

・基本は連絡を取るためのツール

・たまにSNSをチェックしたりする

 

ような使い方を望む人にはかなりおすすめの端末です。ぼくはかなり満足。

 

 

以下のような人にはあまり向かないかも。

 

・ハイクオリティの写真をたくさん撮りたい人

・たくさんの音楽や動画を保存して、出先で楽しみたい人

 

 

まあでも留学中は授業があり日中はほぼスマホをいじらないと思うので、海外留学を控えている人にはぴったりの端末だと思います。

 

 

以上、海外留学や長期の海外旅行にこれから行かれる人で、SIMフリースマホの購入を検討している人に参考になればこれ幸い。



Follow me!

-元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

元会社員がアメリカ美大留学に挑戦してみた。カルアーツ1年目秋学期を振り返る!

先日カルアーツ一年目の秋学期が終わりました。カルアーツは二期生なので、これで一年目の半分が終わったことになります。     ということで、英語に苦労したり(今も)、初めてのPhot …

画像

アメリカ西海岸の超名門大学UCLA潜入レポート。大学構内のストアが広すぎた

不定期開催ミニコーナー、アメリカの有名大学へ潜入してみたシリーズ。第一弾は、言わずと知れたアメリカ西海岸の超名門大学UCLAの訪問レポートです!     カリフォルニア大学ロサンゼ …

画像

いよいよカルアーツ生活スタート!でも英語が分からない・・・

本日2017年9月3日から、ぼくのカルアーツ生活がいよいよスタートしました!     まずは初日の出来事を簡単に共有したいと思います!     ※もちろん、ぼく …

アメリカのアニメーション業界の常識?!泣く子も黙るピッチングとは?

  カルアーツのキャラクターアニメーション科には、毎年1本自分のフィルムを作るという伝統があります。     学年ごとに作品のレギュレーションが決まっており、1年生はモノ …

画像

2大イベントがあって前期より忙しい?カルアーツ1年目後期の概要と時間割について

大変お待たせ致しました。今回はカルアーツ1年目後期の時間割と、その大まかな授業内容、またカルアーツ後期を代表する2大イベントも含めたキャンパスライフの様子をお届けします。     …