スケッチ アート勉強方法 おすすめの画材

ダイソーの激安ボールペンがスケッチに最適な理由

投稿日:2017年4月28日 更新日:





画像

 

スケッチをするときにどんな画材を使用していますか?やはり良いスケッチをするには、道具にも拘りたいですよね。

 

 

 

でも巷にはとてつもない数のペンで溢れていて、どれが良いのかわからない・・・。さすが文房具大国日本。とりあえず高い画材を試してみようか、それとも鉛筆にしようか、などと考えながら文房具コーナーでかれこれ1時間。

 

 

そんなことがもう二度と起こらないように、今日あなたに、ひとつの解を提示します。

 

 

ぼくが使用頻度が最も高いボールペン、それはダイソーの10本100円の激安ボールペンなのである。

 

安いボールペンがスケッチに最適な理由

安いボールペンがスケッチに適しているというのはカルアーツ界隈では結構有名な話で、スケッチが大好きな人はみんなこぞってやっすいボールペンを使用しています。

 

 

大量に消費するからコスパを重視している。という訳ではありません。

 

 

理由は安い商品ならではのもので、ずばり、インクがちゃんと出ないから。

 

 

え、インクはちゃんと出た方がよくね?

 

 

と思いますよね。大丈夫、そこには理由があるのです。

 

 

この三菱鉛筆のジェットストリームのような高機能なボールペンは、筆圧に関係なく常に一定量でインクが出ます。

 

 

しかしやっすいボールペンだと筆圧の強弱に対応して線が濃くなったり薄くなったりしますし、ペン先でインクが玉になったりします。

 

 

実はこの線の強弱やインク玉は、多彩な表現を生み出すのに最適で、ボールペン一本で多様な線を引くことができるんです。

 

 

常にインクが一定量出るような高品質のボールペンだと逆にそれが難しい。字を書く分には便利なんですけどね。

 

 

安いボールペンだからこそできる表現がたくさんあるわけです。

 

10本100円のダイソーのボールペンでできる表現

現時点でのぼくの最高の相棒は、ダイソーのボールペンです。

 

 

たまにペン先にインク玉ができていることがあるので、それを紙にこすり付けて指で伸ばしたりします。

 

画像

 

こんな風にペン先にインク玉ができるので、

 

 

 

画像

それを紙にこすり付けて、

 

 

 

画像

 

指で伸ばす。これでなんか描いたらオシャレでしょ?

 

 

 

線の強弱も非常にコントロールしやすいです。筆圧にしっかり対応してくれるから弱い線も描きやすい。

 

 

特に長くて薄い線がめちゃくちゃ描きやすい!!本当に描きやすい。凄いよダイソー。

 

 

ジェットストリームのような高機能ボールペンは、筆圧を弱くしてもしっかりインクが出てしまうので、線のコントロールが難しい。特に薄くて長い線は絶対きれいに引けないです。

 

ダイソーのボールペンで描いたスケッチ

どちらもダイソーのボールペン1本で描いたスケッチです。薄い線が本当に描きやすいです。

 

 

Combination of observational drawing and image inspired by my teacher’s installation.

art_yusukeさん(@art_yusuke)がシェアした投稿 –

 

 

 

From my sketchbook

art_yusukeさん(@art_yusuke)がシェアした投稿 –

 

 

まとめ

このように、ダイソーのボールペンはめちゃくちゃ使える物凄いドローイングツールなのです!

 

 

しかも意外と字も書きやすい(笑)。

 

 

5本100円とかで売っているような激安マーカーも同様におすすめです。

 

 

早々にインクが尽きるのですが、むしろそこからが本番。とても手軽にかすれた表現が演出できます。

 

 

安い文房具ほど遊ぶことができるので、是非試してみてください!

 

 

ちなみにダイソーの激安ボールペンに匹敵するくらいぼくがよく使うのが、こちらのマービー フォードローイング 5本セット ブラック 4600-5Aです。

 

 

非常に滑らかな描き心地のペンで、薄い紙でも裏写りしません。また、耐水性のため上から水彩絵の具を使用しても滲むことがなく、まさに万能ペン。

 

 

ダイソーとこのマービーのペンを、その日の気分で使い分けています。

 

 

関連記事:スケッチ後進国日本で探す、おすすめスケッチスポットスケッチ後進国日本で探す、おすすめのスケッチブック



Follow me!

-スケッチ, アート勉強方法, おすすめの画材
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

スケッチ後進国日本で探す、おすすめスケッチスポット5選

  『日本はスケッチ後進国である。スケッチを描く文化も、描かれる文化も醸成されていない。』   これは、とある有名なぼくの言葉から引用しました。   でも結構あてはまると …

画像

管理人が開催したスケッチワークショップの内容をご紹介

先日都内の美大予備校で2回目となるワークショップをやらせて頂いたので、そのときの内容をシェアしたいと思います。     今回は海外美大受験では重要な要素となるスケッチブックについて …

画像

デッサン至上主義について現時点のぼくの見解を述べる

  日本の美術界って、見たものを見たままに描く技術(写実性)を超重要視するスタンスが未だに色濃く残っています。     重要視するだけなら良いことなんだけれど、それが正義 …

画像

管理人が開催したスケッチワークショップ(その2)の内容をご紹介

  今回は都内の美大予備校で3回目となるワークショップをやらせて頂いたときの内容をシェアしたいと思います。     前回に引き続きスケッチブックについてのワークショップで …

画像

【2016年版】絶対模写した方が良い。ぼくが最もシビれたアートブック2選

  もうタイトルそのまんま、ぼくが最近で一番シビれたアートブックが2冊あります。   ただ眺めて面白いだけじゃなく、模写にもぴったりだと思います。   『スプラトゥーン、 …