海外美大受験 英語勉強方法

今日英語ができないからって1年後もできないとは限らないけど、今日始めなきゃきっと1年後もできない

投稿日:2019年1月20日 更新日:

画像

ブログを始めてなんやかんや1年半以上が経ち、海外の美大留学に関する質問をいただくことが増えてきました。Aさんからもこんな質問が。

 

 

Aさん
英語が全く分からないのですが、カルアーツの受験に必要なものを教えてくれませんか…?

 

 

髭猿
基本的なことはブログに記載してありますが、毎年多少変わりますので辞書を引いて自分で調べてみてください〜!

(自分で調べて分かるものに関しては、自分で調べて下さいと回答している髭猿です。)

 

 

Aさん
不安ですが…やってみます!

 

 

日本時間の朝5時頃、Aさんから『なんとか理解できました!』とのメッセージが。彼女は辞書片手に徹夜で解読したそうな。ホームページのどこに募集要項が掲載されているかも分からない英語力だったのにも関わらずです。

 

 

この人、ガッツあるなあと思いました。

 

 

彼女の行動力はここから更に加速し、なんとこの4ヶ月後には英語ができないままニューヨークへ行き、英語の勉強をしながらポートフォリオの作成を開始するのです。凄まじいスピード感。

 

 

彼女は英語は全くできないけれど、できることに目を向け今すぐ行動できる人でした。




英語が先?それとも留学が先?

英語ができないまま海外に行って意味あるのか問題(英語が先か留学が先か問題)】は、界隈では頻繁に議論されていることです。確かに英語ができないと海外でとても困ります。超困ります。

 

 

『英語が話せないのに留学しても授業についていけないから意味ないじゃん!』

『英語が話せないからこそ留学するべきだ!』

 

 

どちらも正しく聞こえます。ひとつ言えることは、【英語ができないまま海外に行って意味あるのか問題】について議論したところで、あなたの英語力は1ミクロンも向上しないということです。

 

 

できないことは問題じゃない

英語ができないと。絵を描いたことがないと。仕事を辞めるのが不安だと。

 

 

だからなんだと。

 

 

今日できないからって、1年後もできないとは限らないじゃないか。でも今日始めなきゃ、きっと1年後もできない。それだけのことじゃないですか。

 

 

確かに何もないところからスタートするのは大変です。ぼくも絵と英語の勉強を始めた当初、自転車の一番重いギアで上り坂を漕ぎ出すようなしんどさだな、と思った記憶があります。ペダルが重くて、前に進んでる感覚がほとんどありませんでした。

 

 

でも漕ぎ続けてればいつの間にかスピードが上がって、気がついたらシャカシャカ進めるようになる(かもしれない)。進むための方法って、進むことですよね。

 

 

行動しないのが問題だ




例えば、

 

留学しようか迷っていて友達に相談して、カフェで3時間話した。

飲み会の席で社会人留学なんて無駄だと上司に諭された。そのまま二次会にも行った。

 

 

友人に相談した3時間で英語は上達するんでしょうか。絵は上達するんでしょうか。

 

 

不安だから人に相談したくなる気持ちは分かります。でも不安を解消するには、徹夜で募集要項を解読したり、毎日スケッチしたり、目標に向かった具体的な行動をするしかないと思うんです。

 

 

まとめ

英語が全くできないし、アートの経験もない。でも留学したい!という人はたくさんいると思います。英語ができるかどうか、絵が描けるがどうかより、行動できるかどうかです。

 

 

できないことをできるようになるために、今日何をするかです。

 

 

質問だけじゃなく、『髭猿さんのブログに励まされ、やっぱりやりたいことをやろうと決めました!』という決意もたくさん頂きます。

 

 

とても嬉しいです。ぼくもやってやろう!って思います。思うだけじゃなくて行動してます。シャカシャカ行動してます、Aさんのように。

 

 

夢は叶うぜ!って言っているわけじゃなく。その衝動に今すぐ飛び付け!と申しております、このブログは。

 

 

熱量に任せて執筆してみたら今回はこんな感じになりました。では!

 

 

Aさんが留学したのは、ぼくも通ったニューヨークのアートスクール、P.I. Art Centerです。留学相談はお問い合わせフォームから。お問い合わせの際に『髭猿ブログ見た!』と記載頂くと、入学金が無料になるキャンペーンも実施中です。

-海外美大受験, 英語勉強方法
-,

執筆者: