スケッチ アート勉強方法 海外美大受験

スケッチ後進国日本で探す、おすすめスケッチスポット5選

投稿日:2017年3月6日 更新日:

画像

 

『日本はスケッチ後進国である。スケッチを描く文化も、描かれる文化も醸成されていない。』

 

これは、とある有名なぼくの言葉から引用しました。

 

でも結構あてはまると思うんです。

 

街歩いていて、スケッチしている人を見かけることってほぼないですし。

 

スケッチ後進国は、アーティストからしたらデメリットが多いです。

 

・スケッチしてるとジロジロ見られる

・描かれることを嫌がる人が多い

・日本で購入できるスケッチブックのコスパが悪い

 

この三重苦です。

 

海外と比べて、日本という国において、スケッチは本当に浸透していないです。

 

でも海外美大留学をする上で、スケッチは非常に大切です。

 

スケッチブックはポートフォリオの中でも重要





海外美大では、requirementにスケッチブックが含まれていることが多いです。特にアニメーションやイラストレーション専攻だと、ほぼ必須な気がします。

 

内容はこんな感じ。

・スケッチブックから好きなページを10枚くらい抜粋してポートフォリオに入れて下さい

・スケッチブックを郵送してください(カルアーツ)

 

またスケッチブックの中身にも条件もあります。

・人物だけでなく動物、風景も描きなさい

・動作中の人間を描きなさい

・色も使いなさい

・複数のマテリアルを使いなさい、等々

※詳細は各大学のサイトを確認して下さい。

 

requirementを確認すれば分かると思いますが、電車の中や、なんとなく散歩しているだけでは描けない対象が多いです。

 

動作とかスポーツとか描きたくても、どこに行くべきか結構悩みますよね。

 

ということで、ぼくが日本で受験対策をしていたときに開拓した、おすすめのスケッチスポットを紹介します。

 

東京近郊おすすめのスケッチ場所

1.舞浜駅周辺(動作中の人、ポジティブな感情表現が描ける)難易度★★★☆☆

ご存じ、ディズニーランドの最寄駅。

 

ここにいる人は今から夢の国に突入する人たちなので、非常にテンションが高く、オーバーリアクションです。

 

そのため日常ではなかなか描けないダイナミックなポーズが描けます。

 

全身で感情表現していて描きごたえがある。夢の国の力ってすごい。

 

ディズニーランド側の改札を出てすぐ左手にBecker’sというカフェがあるので、そこのテラス席から描くのがGOOD。

落ち着いて描けるし、人にジロジロ見られることもないです。

 


2.上野動物園
(動物、パフォーマー)難易度★★☆☆☆

 

動物が描けるのは言わずもがな、ポイントは動物園の手前の公園です。ここではパフォーマーの方を描くのがミソ。

 

パフォーマーは民族衣装を着ている人が多く、スケッチブックの中身のバリエーションも充実すると思います。

 

他にもカップルや散歩中の熟年夫婦等、多種多様な人が多いのが特徴です。

 

植物や風景も描けるので、オールインワンで便利です。

 


3.新宿御苑
(色んな地域の植物)難易度★☆☆☆☆

 

植物を練習したいならここ。

 

色んな地域の植物が描けますし、室内展示もあるので雨の日でもスケッチできます。

 

ぼくは平日のガラガラなときに、よく籠って描いてました。世界堂→新宿御苑はもはや定番コース。

 

植物だけだとつまらないので、ここで描いた下地の上に重ね描きとかもしてました。

 


4.駒沢オリンピック公園
(スケボーやその他スポーツ)難易度★★★★★

 

スケボーのパークがあるので、遠巻きにスケッチします。

 

常に人が動いているし、日常の動作ではないのでかなり難しいですが、非常に良いトレーニングになります。

サッカーのフィールドもあるし、小さい子供も多いので、多種多様な動きが描けるかと。

 

難しいのでイライラするけど(笑)、ベンチが多いのは◎。

 


5.羽田空港
(旅行者やビジネスマン、風景)難易度★★☆☆☆

 

空港には、生活も職業も異なり、様々な目的を持った人がたくさんいます。

 

スーツケースや持ち物を注意深く観察しましょう。

 

また、空港内はイスが多いので座って落ち着いて描くことができます。

 

お腹が減っても軽食がとれますし、カフェもあるのでまさに至れり尽くせり。

 


番外編.自分の家の近所(ワンマイルスケッチ)

 

これは僕がNYにいたときに編み出したスケッチ術です。フレッシュな目で世の中を見るために、あえて勝手知ったる近所でスケッチするという練習です。

 

見慣れた風景でもスケールを変えたり、コンポジションを工夫すれば、いくらでも面白くなります。

 

これぼくの中では結構おすすめのトレーニングです。

 

ワンマイルスケッチの詳細はこちら

 

スケッチするときはマナーを守りましょう





日本ではスケッチ文化が浸透しておらず、描かれることを嫌がる方もたくさんいらっしゃいます。

 

がっつり人物を描く際は、一声かけるなど、最低限のマナーを心掛けましょう。

 

電車でスケッチしてたら、『何ジロジロ見てんねん!』って怒鳴られた知り合いもいます…。

 

上記の場所でのスケッチは自己責任でお願いします。

 

画材を広げたり、絵の具を使う場合も、その施設へ確認が必須です。

 

また、スケッチしている人をジロジロ見るのも微妙です。気になって集中できない人もいるので。

 

気になったときはタイミングをみて『上手ですね、見ていいですか?』って一声かけましょう。

 

日本でも良いスケッチ文化が育ちますように!

 

 

関連記事:スケッチ後進国日本で探す、おすすめのスケッチブック日本では誰も知らないスケッチのコツ。ぼくがNYで学んだスケッチのアドバイスダイソーの激安ボールペンがスケッチに最適な理由




Follow me!

-スケッチ, アート勉強方法, 海外美大受験
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

自分は絵が下手だと思っている人に届けたい10の言葉

絵がうまく描けない。絵を描くのが好きだったはずなのに、人に下手だと言われて、自分の絵が嫌いになって、絵を描くことそのものが嫌になっていく。そんな経験はありませんか?     もちろ …

画像

海外美大受験で一番大切なポートフォリオについて最低限知っておきたい4つのポイント

  海外美大受験において最も大切な要素である、ポートフォリオについて解説していきます。   ポートフォリオとは自分の作品群のことで、どの専攻の学生も大体20個前後の作品で構成するも …

画像

カルアーツに通うとこれだけ成長できる!Leoさんの実際の作品と共に4年間のカルアーツ生活を振り返る

実際にカルアーツに通うと、4年間で絵がどれだけ変わるのか。海外の美大で自分は本当に成長できるのか。     これ、気になりませんか?     特にカルアーツに興 …

画像

ダイソーの激安ボールペンがスケッチに最適な理由

  スケッチをするときにどんな画材を使用していますか?やはり良いスケッチをするには、道具にも拘りたいですよね。       でも巷にはとてつもない数のペンで溢れ …

画像

これだけあれば良い。美術解剖学を学ぶのにおすすめの3つの書籍

海外美大受験においてライフドローイングは重要です。   ライフドローイングがうまくなるには、数をこなすのももちろん大切だが、それだけでは時間がかかるし不十分。   上達の鍵はアナト …