海外美大受験

海外の美大のレベルって高いの?SVAのオープンスタジオで受けた衝撃。

投稿日:2017年3月18日 更新日:





『海外の美大と日本の美大、どちらの方がレベルが高いですか?』

 

という質問を頂くことがありますが、これは何とも言えないです。

 

大学としてどういう人材を輩出したいのかが全く違いますし、それ故重視している観点も異なります。

 

大学選びにおいては、何を重視して学びたいか、卒業後にどういうキャリアを歩みたいかが、大学側の方針と一致していることが大切です。

 

とはいえ、やっぱり実際の生徒の作品も見てみたいと思いますので、今回はNYのSVAという大学のオープンスタジオで展示されていた作品の一部をご紹介します。

 

SVAのオープンスタジオって?

海外の美大ではオープンスタジオという、生徒の作品が展示されるイベントがあります。

 

日本でいうオープンキャンパスみたいなものですね。

 

ちなみにSVAとは、School of Visual Artsの略称で、NYにある全米でも有名な大学です。

 

それでは作品をご紹介していきます

ぼくが参加したのは、大学院生のオープンスタジオでした。その衝撃たるや。。ご覧あれ。

 

 

画像

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

画像

 

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

画像

 

画像

 

 

もはや作品の一部になっている人も。

日本の卒展でも作品の一部になっている人はいますが、私服のままだったりします。

でもこの人は完全に衣装も作成している徹底ぶり。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

これだけで一概にどうだとは言えませんが、NYの大学では発想がぶっ飛んでいるものが多い印象でした。

 

日本の美術大学の卒展の作品は、より洗練されていて全体的にシャープな印象があります。

 

今後もちょくちょく色んな展覧会のレビューをしていこうと思います!



Follow me!

-海外美大受験
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

絵に自信がない人は逆に一切手元を見なくていい!海外美大でも学ぶブラインドコントアーと呼ばれるトレーニングを公開

  道具も揃えて目標も掲げたら、まず最初にやるべきトレーニングがあります。     それがblind contour(ブラインドコントアー)と呼ばれるトレーニングです。 …

画像

デッサン至上主義について現時点のぼくの見解を述べる

  日本の美術界って、見たものを見たままに描く技術(写実性)を超重要視するスタンスが未だに色濃く残っています。     重要視するだけなら良いことなんだけれど、それが正義 …

画像

元サラリーマンがゼロからアート留学して何が悪い!僕が会社を辞めアメリカにアート留学するまで

カリフォルニア芸術大学、という大学をご存じでしょうか? 正式名称California Institute of the Arts、通称「カルアーツ」と呼ばれるこの大学は、あのディズニーの生みの親・ウォ …

画像

海外美大受験において外人の友だちを持つべき3つの理由

海外美大受験をするときに、絶対必要なもの。それは英語ネイティブの人の助けです。     日本からアプライする場合であれば、もうポートフォリオの次くらいに必要不可欠です。 &nbsp …

ぼくがカルアーツに落ちた時のポートフォリオを晒す!こんな作品は落ちるから気を付けて

ぼくは2回カルアーツを受験しています。1度目は2015年の冬に受け、見事に玉砕しました。何それ何のこと?って人はまずはこちらをどうぞ(School With 留学ブログに飛びます)。   & …