元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話

海外美大留学3年目がスタートした所感をつらつらと

投稿日:

アメリカはLAにあるカリフォルニア芸術大学で留学中の髭猿(Instagramart_yusukeです。夏休みが終わり、9月から留学3年目がスタートしました。

 

 

留学生活もちょうど折り返し地点です。というわけで今回は海外美大留学3年目がスタートして思うことをつらつらと書こうかと。それではどうぞ!







大学の寮を出た

まずキャンパス内の寮から出たことが非常に大きい変化です。寮の部屋の壁は非常に薄く、隣の部屋の音がダダ漏れの状態であるため、今までは常に何かのノイズが聞こえているという非常にストレスフルな状態でした。

 

 

特に留学2年目はEDM24時間聞こえてくるという地獄。色々あったけどここでは割愛。とりあえず心身ともに消耗してマジで辛かった。しかしそれがなくなった!できれば夜は22(めっちゃ疲れてたら20)には寝たかったのだけど、騒音で去年1年間はそれができなかった。でも今年はそれができる!!

 

 

睡眠量より睡眠時間帯で翌日のエネルギーが大きく変わってくるので、寝たい時間帯に平和に寝られるというのが何よりも幸せ。それだけで活力がみなぎった状態で翌日を迎えることができます。

 

 

自転車通学で運動不足解消

今のアパートは大学から少し離れたところにあるので、自転車で通学しています。ちなみに最初に購入した自転車がクソ不良品だったので一度返品してます。そのときの話はこちら。

アメリカのスーパーで初めて自転車を買ったらクソ不良品だった話。皆もアメリカで自転車を買うとき気を付けて!

 

 

15分上り坂なので結構キツい。正直初日は途中で諦めて自転車を降りて歩いた。でも会社を辞めてからずっと運動不足の日々だったので、毎日運動する機会があるのはちょうど良いと思って頑張っています。

 

 

ちなみにアパートには24時間使えるジムが付いていて、日本で大学生をしていた時ぶりに筋トレを再開しました。特に目標はありませんがちまちま続けていこうと思います。

 

 

理想の作業環境を構築中

アパートに家具が一切なかったので生活環境と作業環境を整えるのに少し時間がかかりましたが、とりあえず一段落しました。

 

 

家具はもらったり、友人から安く買ったり、それ以外はIKEから購入してなるべく安く済ませましたが、椅子だけは長い時間座ることになるのでずっと気になっていたゲーミングチェアにしました。結論、まじでゲーミングチェアにして良かった。

絵を描くためにゲーミングチェアを買ってみた【留学中の作業環境構築】

 

 

これに座りながらVRペインティングをしていると、気が付いたら一歩も外に出ていないまま1日が終わっています。机も2つゲットして、リビングはアナログ作業用、自分の部屋はデジタル作業用と使い分けています。

 

 

履修できる授業が一気に増えた

 

 

授業のことも少々。面白そうな授業は大体3年目からしか取れないのがカルアーツの決まり。最初の2年間はみっちり基礎をということらしい。

 

 

でも今年からやっと履修できます。1ヶ月経ったけど、とりあえずめちゃくちゃ楽しい。当たり前のように楽しい。入学直後は実はカルアーツを辞めて大学を移ろうかと迷った時期もあったけど、本当に思い留まって良かった。

 

 

本質的なことをしっかりやらないとダメだとずっと思っていたので、油絵2コマとライフドローイング2コマと彫刻のクラスを追加で履修しました。観察して描くという基礎を今一度しっかり学びたいです。 

 

 

まとめ

過去2年間の制作を通して、自分はビジュアルストーリーテリングが好きだと再認識できました。その一方で、映画やアニメーションであることに実はあまりこだわりはないということも発見できました。そんなわけで今年は絵本を作ろうと思います。

 

 

メインプロジェクトは絵本、サブプロジェクトでフィルム制作という感じでいこうかと。留学3年目の所感はこんなところでしょうか。ではまた!

-元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話
-,

執筆者: