元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話

映画撮影の裏側!効果音を作り出すフォーリーとは?!

投稿日:

映画を作る上でなくてはならない大切な要素、それは音です。

 

 

実写でもアニメーションでも、音はストーリーテリングに非常な大きな枠割を果たします。ぼくらが思っている以上に多くの情報を伝えてくれるんです。 

 

 

じゃあその音ってどうやって作っているのか?今回はそんなことについてまとめてみました。それではどうぞ!



フォーリーとは?

映画で使う音を、様々な道具を使って作り出すことをフォーリーと言います。

 

 

例えば、キャラクターの動きに合わせた足音だったり、服のこすれる音を、既存のフリー音源だけでカバーするのは無理。それに、どんな靴を履いてどこを歩くかで足音は大きく変わります。

 

 

地球ではない惑星で、地球にはないマテリアルが敷き詰められた地面をブーツで歩く時、どんな音がするでしょうか?

 

 

そこに答えを出し、監督が求める音を生み出すのがフォーリーアーティストの仕事なのです。

 

 

フォーリーアーティストの仕事風景

実際にフォーリーアーティストの仕事を見た方が分かりやすいので、以下の動画をご紹介!英語が分からなくてもビジュアルだけで十分その仕事内容が理解できます。 

 

 

 

このように、様々な道具を使って理想の音を作り出します。時には自分の口だけで多彩な音を表現しています。映画ってこうやって作ってるんだ!って驚きますよね。

 

 

カルアーツでもサウンドの授業で実際にフォーリーをやります。フリー素材の音だけでフィルムを作るとどうしてもチープになってしまうので、フィルム制作を志す人は知っておかないと行けない知識です。

 

 

画像

フォーリーをするために必要なレコーダー、マイク、ヘッドホンは大学から借りて自由に使うことができます。

 

 

まとめ

今回は映画作成になくてはならないフォーリーについてご紹介しました!

 

 

映画作成には本当に多くの役割が必要です。音のプロフェッショナルとして映画作成に携わりたい人は是非フォーリーをについて調べてみてはいかがでしょうか?では!



Follow me!

-元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話
-

執筆者:

関連記事

画像

アメリカ西海岸の超名門大学UCLA潜入レポート。大学構内のストアが広すぎた

不定期開催ミニコーナー、アメリカの有名大学へ潜入してみたシリーズ。第一弾は、言わずと知れたアメリカ西海岸の超名門大学UCLAの訪問レポートです!     カリフォルニア大学ロサンゼ …

アメリカのアニメーション業界の常識?!泣く子も黙るピッチングとは?

  カルアーツのキャラクターアニメーション科には、毎年1本自分のフィルムを作るという伝統があります。     学年ごとに作品のレギュレーションが決まっており、1年生はモノ …

画像

元会社員がアメリカ美大留学に挑戦してみた。カルアーツ1年目秋学期を振り返る!

先日カルアーツ一年目の秋学期が終わりました。カルアーツは二期生なので、これで一年目の半分が終わったことになります。     ということで、英語に苦労したり(今も)、初めてのPhot …

画像

ただ留学しても英語は上達しなかった話

ただ留学しても英語は上達しません。自分が英語が話せない環境に慣れるだけです。英語が話せるようになったと錯覚しても、実際は英語が下手な状態で生き延びる術が身に付いただけです。     …

画像

アメリカの大学のカフェテリアの価格がバグってる。

アメリカはロサンゼルスにあるカリフォルニア芸術大学に留学中の髭猿と申します。ぼくはキャラクターアニメーション学科に所属しており、毎日絵が描けてとても充実しているのですが、いかんせんアメリカの物価が高す …