元会社員の俺がカルアーツに合格した話 海外美大受験

Macを持っていないと海外美大受験は不利なのだろうか?検証したった。

投稿日:2017年3月11日 更新日:





画像

 

デザイナーやクリエイターなど、アートに関わっている人のMac使用率は異常に高いですが、それは海外美大を目指している学生もまた然り。

 

 

しかし海外美大受験に必ずMacが必要かというと、そうではありません。

 

 

実際ぼくはMacなしで海外美大3校に合格しました。

 

 

Macを持っていないことがコンプレックスだったので、逆にMacなしで合格して、この記事を書いてやろうとずっと思っていました(笑)

 

 

海外美大受験するには今使っているPCをMacに買い替えないといけないの?

 

と心配しているそこのあなた!

 

 

大丈夫、是非この記事をご一読願いたい。

 

Macじゃなくていい。




ぼくがMacを使っていなかったのは、持っていなかったし、買うお金もなかったというのもありますが、Macじゃないといけない理由がなかったからです。

 

 

周りはみんなMacを使っていましたが、海外美大受験において、Macじゃないといけない理由をぼくは知りません。

 

 

PCを使用する目的は、

 

・作品のレファレンス(参考になる画像や他の作品のこと)を探す

・エッセイを書く

・フォトショップを使用する(ぼくはクリップスタジオを使用していましたが)

・オンラインでの出願作業

 

大体こんな感じだと思います。

 

 

Macじゃないといけない理由ありました?

 

 

ないです。ないよ、ないんだよ。

 

 

ただしPCは必須

Macである必要はありません。

 

 

ただしPCは必須です。

 

 

出願が迫るにつれて、エッセイを何度もリライトしたり、ポートフォリオの構成(作品の順番)を考えたりと、PCでの作業が増えてきます。

 

 

PCが使用できる公共施設やネットカフェなどもありますが、毎回足を運ぶのは非常に効率が悪いので、あまりおすすめできません。

 

 

またデジタル作品が必要な場合は、そのためのアプリケーションを導入する必要があるので、やはり自分のPCが必要です。

 

Macじゃなきゃいけない理由を無理やり探してみた

画像

 

『大学側が受験者のポートフォリオのジャッジをするときは絶対Macだから、同じ条件で自分の作品の色味を確認できることはアドバンテージだ』

 

と言う人もいました。

 

 

確かにぼくのノートPCとMacで同じ作品を見比べると若干、本当に少しだけ色味が違う事がありましたが、作品の印象が変わってしまうほどのことではありません。

 

 

それに色味はPCと言うよりモニタのスペックに依存しますし、そもそも大学がポートフォリオをジャッジするときはスクリーンに投影したものを見るそうなので、結局どんなに工夫しても大学側と全く同じ条件で自分の作品をレビューすることはできません。

 

板タブレットは絶対必要!


Macはあってもなくても良いですが、アニメーションやイラストレーション学部を受験したいなら、iPadか板タブレット、どちらかは必要だと思います。カルアーツを受けたい人は特に。

 

 

カルアーツを受験するなら、できれば1作品はデジタルアートがあった方が良いからです。

 

 

ぼくはiPadも板タブレットも両方使いました。

 

 

iPadはやはり取り回し安いので、電車や屋外でデジタルスケッチができるのが強み。

 

 

ぼくはiPad Air2を愛用していましたが、デジタルスケッチには最適な大きさでした!iPad miniだと小さすぎる。

 

 

またデバイスへのアクセスが良いので、レファレンスを探すのも、PCより格段にフットワークが軽く行えます。

 

 

ちなみにぼくが使用していたスケッチアプリはProcreateというもの。その名の通りプロも実際に使っているものです。

 

 

板タブレット(通称板タブ)もあったほうが良いです。

 

iPadか板タブ、どちらか一つを選べと言われれば、確実に板タブです。

ぼくが使用したのは、ワコム ペンタブレット Intuos Comic M ペン&タッチ マンガ・イラスト制作用モデル ブラック CTH-690/K1。ワコムは板タブメーカーで最もメジャーなので選びました。

 

 

こいつにはクリップスタジオの2年間のライセンスが無料でついてきます。しかも2年後に6,000円を支払えば、ライセンスの有効期限が無期限に!

 

 

クリップスタジオはあまり聞きなれない人もいるかもしれませんが、実は日本ではかなり使用者が多く、操作方法が分からなくてもググれば一発で解決します。

 

 

ぼくはデジタルアート経験も当然ゼロでしたが、独学でポートフォリオに入れる2作品をこの相棒で作成しました。

 

 

結論:Macがなくても、Macだらけの環境の中でたくましく別メーカーのPCを使うハートの強さがあれば、海外美大に合格できる。



Follow me!

-元会社員の俺がカルアーツに合格した話, 海外美大受験
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

一般企業に勤めていたアラサー会社員が海外留学で失う8つのこと

留学をする上で、ぼくは会社を辞めるという選択をしました。     退職は今思えば人生で最良の決断のひとつだと思うし、今後もそう思い続けられるように頑張っていけば良いだけのことですが …

画像

海外の美大に入学するには?海外美大受験の全貌を明かす

海外美大留学を希望している人の中には、そもそも受験のプロセスが全くイメージできない人もいると思います。   そこで今回は、海外美大受験の概要をご紹介します。   日本とアメリカでこ …

画像

カルアーツってどんな大学なの?カルアーツOBの現役3Dアーティストにぶっちゃけてもらった!

ついに、かねてから温めていたコラボレーション企画が実現!     カルアーツを卒業後、アメリカでクリエイターとしてご活躍中のLeo Ogawa Lillrankさんに、インタビュー …

画像

海外美大受験で一番大切なポートフォリオについて最低限知っておきたい4つのポイント

  海外美大受験において最も大切な要素である、ポートフォリオについて解説していきます。   ポートフォリオとは自分の作品群のことで、どの専攻の学生も大体20個前後の作品で構成するも …

ただの会社員が1年半スケッチを描き続けたらこうなる

ただの会社員が退職して1年半の間、絵を描き続けるとどのくらい上達するのでしょうか。     今回は今までぼくが描いたスケッチを中心に、成長の軌跡を振返ってみたいと思います。 &nb …