海外美大受験

【受験後】入学までのバイトはどうする?短期間のバイトの探し方5選

投稿日:2017年3月11日 更新日:





画像

海外美大受験が終わった1月頃から、入学の8月末頃まで学費を貯めるためにアルバイトをしようと思う人は多いと思います。

 

しかし1年以内の短期となるため、雇ってもらえるアルバイトがありません。

 

そこで今回は、短期間でも雇ってもらえる仕事をいくつか紹介します。

 

アルバイトをする

画像

 

・海外美大留学クラスがある美術系予備校でアルバイト 

受験経験で得た知識やスキルをフル活用できます。

日本では海外美大受験に関するノウハウがまだまだ不足しているので、短期でも雇ってくれる予備校はあると思います。

ぼくもやっていました。

仕事としてアートに関わる事ができるのはやはり楽しいので、個人的にはこれが一番おすすめですね。

 

・スタートアップでアルバイト

スタートアップ(急成長中の企業のこと)は常に人手が不足しているため、数ヵ月から半年という短期でも雇ってくれる企業が多いです。

時給は恐らく1,000円ですが、データ入力などの事務作業要員を募集しているところが多く、PCスキルに自信がない人でも働けると思います。

ぼくもやっていましたが、スタートアップと呼べる企業は雰囲気も良いし、色んなバックグラウンドを持った人がいるので本当に面白いですよ。

ちなみにスタートアップはWantedlyというアプリで求人を出すことが非常に多いので、興味がある人はダウンロードしておいた方が良いです。

 

・派遣会社に登録して働く

職場によって労働環境に非常に差があるためぼくは利用しませんでしたが、短期でもOKな仕事をたくさん見つける事ができます。

 

リモートで働く





・ライターをする

在宅で仕事ができるし、エクセルやパワポなどのPCスキルもいりません。

文章力に自信がなくても、たいていの企業は編集担当の人がフォローしてくれるので大丈夫だと思います。

相場は一記事2,000円前後。執筆作業は2時間半くらいかかるので費用対効果は低めですが、自分の好きな場所・時間で作業できるのは魅力的ですよね。

常にたくさんの留学サイトがライターを募集しているので、海外美大受験の一環として語学留学やNY留学を経験している人は特におすすめです!

 

・クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドワークスやランサーズが有名ですね。

単価が非常に安いことで騒がれていましたが、他の仕事と併用し、スキマ時間にこなすような使い方をすればありだと思います。

ぼくは試したことがないのでなんとも言えませんが案件はしっかり選んだ方が良いでしょう。

 

まとめ

画像

 

いかがでしたでしょうか。

 

やっぱりぼくのおすすめは、美術系予備校の留学クラスのサポートか、スタートアップでのアルバイトです。

 

当たり前ですが、入学が近づくほど仕事探しが難しくなるので、できれば2月までには決めておきたいところですね。

Follow me!

-海外美大受験
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼくがカルアーツに落ちた時のポートフォリオを晒す!こんな作品は落ちるから気を付けて

ぼくは2回カルアーツを受験しています。1度目は2015年の冬に受け、見事に玉砕しました。何それ何のこと?って人はまずはこちらをどうぞ(School With 留学ブログに飛びます)。   & …

画像

アートを学ぶ上での心得。先生の言う事は聞く必要はない、かもしれない。

  このブログを読む上で、そしてアートを学ぶ上で知っておいてほしいことがあります。   それは、ぼくがこのブログでお伝えしていることや、美術予備校等で先生が言っていることは全て、『 …

Q.海外滞在中にクレジットカードが更新になります。日本にいる間に早期更新はできるの?

A. できます!ただし諸条件あり。※カード会社によって異なります。     クレジットカードの有効期限が海外滞在中に切れてしまう問題。これから海外に長期滞在される方、海外留学の準備 …

ただの会社員が1年半スケッチを描き続けたらこうなる

ただの会社員が退職して1年半の間、絵を描き続けるとどのくらい上達するのでしょうか。     今回は今までぼくが描いたスケッチを中心に、成長の軌跡を振返ってみたいと思います。 &nb …

画像

カルアーツってどんな大学なの?カルアーツOBの現役3Dアーティストにぶっちゃけてもらった!

ついに、かねてから温めていたコラボレーション企画が実現!     カルアーツを卒業後、アメリカでクリエイターとしてご活躍中のLeo Ogawa Lillrankさんに、インタビュー …