海外美大受験

海外の美大のレベルって高いの?SVAのオープンスタジオで受けた衝撃。

投稿日:2017年3月18日 更新日:





『海外の美大と日本の美大、どちらの方がレベルが高いですか?』

 

という質問を頂くことがありますが、これは何とも言えないです。

 

大学としてどういう人材を輩出したいのかが全く違いますし、それ故重視している観点も異なります。

 

大学選びにおいては、何を重視して学びたいか、卒業後にどういうキャリアを歩みたいかが、大学側の方針と一致していることが大切です。

 

とはいえ、やっぱり実際の生徒の作品も見てみたいと思いますので、今回はNYのSVAという大学のオープンスタジオで展示されていた作品の一部をご紹介します。

 

SVAのオープンスタジオって?

海外の美大ではオープンスタジオという、生徒の作品が展示されるイベントがあります。

 

日本でいうオープンキャンパスみたいなものですね。

 

ちなみにSVAとは、School of Visual Artsの略称で、NYにある全米でも有名な大学です。

 

それでは作品をご紹介していきます

ぼくが参加したのは、大学院生のオープンスタジオでした。その衝撃たるや。。ご覧あれ。

 

 

画像

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

画像

 

 

 

 

画像

 

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

画像

 

画像

 

 

もはや作品の一部になっている人も。

日本の卒展でも作品の一部になっている人はいますが、私服のままだったりします。

でもこの人は完全に衣装も作成している徹底ぶり。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

これだけで一概にどうだとは言えませんが、NYの大学では発想がぶっ飛んでいるものが多い印象でした。

 

日本の美術大学の卒展の作品は、より洗練されていて全体的にシャープな印象があります。

 

今後もちょくちょく色んな展覧会のレビューをしていこうと思います!



Follow me!

-海外美大受験
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

『ライフドローイングはラクでいいですよね』と言われてムカついた話。

  カルアーツにアプライするためにせっせと作品を作っていた頃、ファッションデザイン専攻の人に、『ライフドローイングはラクでいいですよね』と言われたことがあります。   『良いですよ …

画像

カルアーツ合格記06話:仕事に必要だったであろうことは全て、仕事を辞めた後にデッサンが教えてくれた。

実は2015年12月にカルアーツに出願したときは、まだTOEFL80点を取得できていませんでした。     そのため出願後は英語に注力し、2016年2月にTOEFL80点をクリア、 …

画像

1回目のカルアーツ受験はなぜ不合格だったのか考察してみた。

  ぼくは一回目の受験ではカルアーツに不合格でした。     当時は落ち込みましたが、落ち武者にしか学べない経験がそこにはある。     ということで …

画像

カルアーツに通うとこれだけ成長できる!Leoさんの実際の作品と共に4年間のカルアーツ生活を振り返る

実際にカルアーツに通うと、4年間で絵がどれだけ変わるのか。海外の美大で自分は本当に成長できるのか。     これ、気になりませんか?     特にカルアーツに興 …

画像

嫌いな絵にも価値がある?懲りずに再びスケッチワークショップを開催したときの話

  今回は都内の美大予備校で3回目となるワークショップをやらせて頂いたときの内容をシェアしたいと思います。     前回に引き続きスケッチブックについてのワークショップで …