元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話

アメリカで絵本の出版が決まりました!

投稿日:2021年8月30日 更新日:

タイトルの通りなのですが。決まりました、アメリカで絵本の商業出版が!

 

ちょっと前のお話なので、既に出版社との契約は済ませ、今は締切に間に合うように祈りつつ絵を描いています。

 

アメリカの絵本はストーリーとイラストを別の人が担当することが多く、ぼくの場合もそのパターンです。文章はもう出来上がっていて、それに絵を描いていきます。

 

デザインやレイアウトなど意思決定をするフェーズはほぼ終わったので、後はひたすらに手を動かしていくのみ。

 

毎日黙々と、淡々とやってます。間に合え(切実)。

 

このブログではあまり個人的な目標を書いていないですが、絵本は20代前半の頃からやりたかったことのひとつなので、念願叶い(しかもアメリカで)とても嬉しいです。

 

実は契約を結んだときぼくは日本に帰国していて、全てリモートでやり取りをしました。

 

出版社の方とも元々オフラインで面識があったわけではないし、コネも使わず完全にゼロから生まれた機会なので、そういう意味では、仮に日本を拠点に活動してても実現可能性のあるケースだと思います。

 

ロケーションやコロナに関係なくチャンスを広げることが出来たので、それも非常に良い経験と学びになりました。

 

そこら辺のこともどこかで詳しく書こうかなと思いつつ、いったん今回はご報告まで。

 

やったことは基本的にこの記事の後半に書いてあることと同じなので、とりあえず今はコチラを参考にして頂けると。

初めて買ったiPadで絵を描き続けてたら半年後にフリーランスのイラストレーターになってた話

 

ということで、引き続き絵を描いていきます!では!

日本を拠点に海外進出するイラストレーターになるにはまとめ

-元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話
-, ,

執筆者: