元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話

アメリカのアニメーション業界の常識?!泣く子も黙るピッチングとは?

投稿日:




 

カルアーツのキャラクターアニメーション科には、毎年1本自分のフィルムを作るという伝統があります。

 

 

学年ごとに作品のレギュレーションが決まっており、1年生はモノクロ(先生に交渉すれば追加で1色のみ使用可能)、セリフなし、90秒でフィルムを作らなければなりません。

 

 

毎年4月頃が作品の提出期限なのですが、今年は例年よりも先生たちからのプレッシャーが早く、ぼくたちは既に来年の4月に向けて全員動き出している状況です。

 

 

目下のところ、ぼくらの最大の関心毎と言えば自分のフィルムのストーリーをどうするかということ。

 

 

アイデアが固まっている人も、まだまだ不明瞭な人も、少しでもストーリーを改善するために、キャンパスの至る所でピッチングが行われています。

 

 

ピッチングってなに?




ピッチング/ピッチ(pitch)とは、非常に短い時間で自分のアイディアを売り込むことを言います。説明+売り込みですね。

 

 

アメリカのアニメーション業界では頻繁に行われており、ストーリーボードアーティストなんかがディレクターの前で自分のアイディアをプレゼンテーションすることをピッチと言います。

 

 

サムネイルやストーリーボードを見せながら、『このキャラクターがこうなって、次にこんなことが起こって』と、身振り手振りを交え、時にはキャラクターになりきってプレゼンテーションをします。

 

 

もちろんそこには『このアイデアを採用してくれ!』という想いが背景にありますが、ぼくらは現在のところプレゼンテーションとほぼ同義となっています。

 

 

ちなみにシリコンバレーでエレベーターピッチという言葉が流行ってるという日本の記事を見つけたけれど、シリコンバレーのことは知らない。

 

 

クラスメイトのピッチングには全力でフィードバックするのがマナー

 

アニメーション業界は非常に狭く、卒業後もどこかのタイミングでクラスメイトと一緒に仕事をする可能性がとても高いため、常に周りに親切でいなさいと全ての先生が言います。

 

 

それもあってかカルアーツの学生はチーム感が強く、クラスメイトのピッチングにも常に本気でフィードバック!自分の作品かのようにアイデアを出しまくって、一緒に悩んでくれます。

 

 

人のアイディアに目を輝かせて『それこうしたらもっと良くなるんじゃない?!』って言っているクラスメイトを見ると本当に感動する。

 

 

やっぱりコラボレーションって、フィルムを作る醍醐味だなあと思います。一緒にやるってやっぱり良いですよね。なんか部活を思い出す。

 

 

そんなわけで、お互いのアイデアをブラッシュアップさせるために、ピッチングは非常に有効な手段なのです。

 

 

キャンパスを歩いているとカフェテリアや芝生でよくピッチングやってるのを見かける。

 

 

ぼくも、ピッチング→フィードバックもらう→サムネイル修正→ピッチングのサイクルをガンガン回しています。英語の練習にもなるのでかなり有意義。投げ過ぎて肩壊れそう。

 

 

ただ、授業では誰もピッチングしたがりません。先生にフルボッコされるので。

 

 

まとめ

まだまだ英語に苦手意識はあるものの、作品を良くしたいという気持ちが勝ってピッチングに明け暮れている今日この頃。サムネイルがあるから、普段よりコミュニケーションが取りやすいし。

 

 

ピッチングしたい人は、Can I pitch my story?って言ってみてください。

 

 

そんな感じで、作品も英語も良くなっていけばいいなーと思いながら生きてたら、今日の英語クラス全く分からなかったので、世の中そんなに甘くなかったです。

 

 

英語で詩なんて分かるわけなかった。

 

 

英語頑張らねば。では!




Follow me!

-元会社員の俺がカルアーツで勉強してる話
-

執筆者:


  1. […] >>> ピッチについて説明をしてくださっているブログはこちら […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【海外の反応】ジョン・ラセターのセクハラ問題が発覚。その時彼の母校、カルアーツで起こった出来事について

既に日本でも多くの記事が出回っていますが、ピクサーアニメーションスタジオの創設者であるジョン・ラセターのセクハラ問題が明るみに出ました。     日本でどの程度の規模間で報道されて …

新企画!こちら留学戦線異常なし

新企画はじめました。その名も、こちら留学戦線異状なしです。     通常のブログ記事とは別枠で、カルアーツ生活にまつわるエトセトラや、ちょいネタなどをこちらに随時更新していこうと思 …

画像

元会社員がアメリカ美大留学に挑戦してみた。カルアーツ1年目秋学期を振り返る!

先日カルアーツ一年目の秋学期が終わりました。カルアーツは二期生なので、これで一年目の半分が終わったことになります。     ということで、英語に苦労したり(今も)、初めてのPhot …

Netflixを契約しているぼくが追加でU-NEXTにも申し込んだ理由

  NetflixやHulu、dtvと様々な動画配信サービスがある昨今。現在の髭猿はNetflixユーザーとして幅を利かせています。     にも関わらず!私は今月からU-NEXT …

画像

好きと嫌いで指輪を作れば。

昔は指輪なんてつけなかったけれど、去年辺りからつけるようになった。別に高級なやつではなくて、自分が作ったやつや作ってもらったものをつけている。     理由はぼくが感じているいくつかのカッコ …