元会社員の俺がカルアーツに合格した話 ライフドローイング(クロッキー)

自分の過去のクロッキーを描き直してみる:カルアーツ合格記09話

投稿日:2018年7月28日 更新日:

このシリーズは、海外美大留学や絵の勉強法方に関するノウハウではなくて、その名の通りぼくのカルアーツ合格体験記です。

 

 

アトリエの先生の勧めでオールドマスターの模写をやっている間、家でも平行して別のトレーニングをしてました。

 

 

今回はそのときのお話です。


 

 

自分の昔の絵を描き直してみる

オールドマスターの模写を通して、些細な気遣いの集合が画面に大きな変化を与えると思ったぼくは、この考え方が本当に正しいのか確かめたくなりました。

 

 

そこで、オールド・マスターの模写で気が付いたことを意識しながら、過去の自分のクロッキーをトレーシングペーパーの上から描き直していくことにしたのです。

 

 

 

 

やはり、線の強弱や僅かな曲線の起伏に気を付けるだけで、絵が生き生きとしてアピールが強くなる。メリハリも出てくる。

 

 

逆に言うと、アナトミーを勉強したおかげで人体の芯は捉えらるようになっているし、着実にステップアップできているという実感も持てました。

 

 

クロッキーをどんどん楽しめるようになってきた

昔描いた絵を自分で描き直すこの方法は、自分の絵を客観的に見直す非常に良いトレーニングでした。

 

 

自分の成長を分かりやすく実感できるため、モチベーションを保つ効果もあるかもしれません。結構おすすめ。

 

 

画像

できるようになってきたこと、できていないこと、できていないことをできるようにするために必要なこと。それらがだんだん明確になっていくと同時に、ぼくはクロッキーを心から楽しめるようになっていました。

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます




Follow me!

-元会社員の俺がカルアーツに合格した話, ライフドローイング(クロッキー)
-,

執筆者:

関連記事

ただの会社員が1年半スケッチを描き続けたらこうなる

ただの会社員が退職して1年半の間、絵を描き続けるとどのくらい上達するのでしょうか。     今回は今までぼくが描いたスケッチを中心に、成長の軌跡を振返ってみたいと思います。 &nb …

画像

自分は絵が下手だと思っている人に届けたい10の言葉

絵がうまく描けない。絵を描くのが好きだったはずなのに、人に下手だと言われて、自分の絵が嫌いになって、絵を描くことそのものが嫌になっていく。そんな経験はありませんか?     もちろ …

画像

留学を考えている社会人の方へ!元サラリーマンがゼロからアートをやる事は不利なのか?

  今やっている事とまったく別の事にゼロからチャレンジするのって、少し怖いですよね。     ぼくのようにゼロから何か新しいことに挑戦する人に共通する悩みだと思います。 …

画像

1回目のカルアーツ受験はなぜ不合格だったのか考察してみた。

  ぼくは一回目の受験ではカルアーツに不合格でした。     当時は落ち込みましたが、落ち武者にしか学べない経験がそこにはある。     ということで …

画像

カルアーツ合格記01話:普通の会社員が絵をはじめる。

  このシリーズは、海外美大留学や絵の勉強法方に関するノウハウではなくて、その名の通りぼくのカルアーツ合格体験記です。   初回のこの記事では、ぼくがカルアーツを目指そうと思ったき …