アート勉強方法 おすすめの画材

未来のポータブル水彩絵の具?!Viviva Colorsheetsが何やら凄い

投稿日:





画像

今回は画材紹介の記事です!クラウドファンディングで開発された、面白いポータブル水彩絵の具を見つけたので、ご紹介しようと思います。

 

 

商品名はViviva Colorsheets (ビビバカラーシート)。ポケットに入れて持ち運び可能な水彩カラーパレットシート、というのがキャッチコピー。

 

 

 

INDIEGOGOというクラウドファンディングサービスで出資者を募ったこの商品は、16色のシート状のパレットから構成される、携帯性に非常に優れた水彩絵の具だそうです。絵の具が固形ではなく、シート状になってる。動画見たけどなんやこれ、カッコいい。テンション上がります。

 

 

従来の固形水彩絵の具とプラスチックのパレットが付いているポータブル水彩絵の具セットと比較すると、びっくりするくらい本体が薄く、確かに携帯性はとても良さそう。

 

 

ただ価格がちょいと、いや結構高い・・・。あと、どれくらい絵の具がもつのか気になる。薄さがうりでペラッペラだから、素人目で見ると、すぐ絵の具がなくなってしまうような印象なのだが、そんなことないのだろうか。

 

 

いずれにせよ、一度は使ってみたいおもしろ画材ですね!

 

 

ちなみに少し調べてみると、実は同じようなシート状の水彩絵の具で、Peerless Watercolorsという商品が昔からあることが分かりました。単純にぼくが知らなかっただけで、もしかしたらシート状の水彩絵の具という商品は業界にとってはさほど目新しくはないのかもしれません。

 

 

両商品の比較動画もYoutubeにあったので、気になる人はチェックしてみてください。

 

 

ちなみに、ぼくはが使用している持ち運び用水彩絵の具はこちら。本体の背面にプラ板をはっつけて自分なりのカスタマイズを施しています。

 

 

画像

 

 

なんでプラ板なんかつけてるかって?実はこうすることでクリップでスケッチブックに固定できるので、立ったままでも使用できるようになるんです!プラ板は瞬間接着剤ではりつけています。

 

 

画像

 

画像

 

 

これ、地味だけど世界変わるくらい便利ですよ(笑)。ポータブル水彩絵の具をお持ちの方は是非やってみて下さい!ハードカバーのスケッチブックがおすすめの理由はここにもあります。ソフトカバーだと水彩絵の具セットの重さに表紙が負けてしまい、うまく描けないので。

 

 

 

また面白い海外の画材を見つけたらご紹介しようと思います。では!

 

 

ちなみに管理人によるおすすめのスケッチブック論はこちら。

スケッチ後進国日本で探す、おすすめのスケッチブック





Follow me!

-アート勉強方法, おすすめの画材
-,

執筆者:

関連記事

画像

電車に知らない人がいても怖くないけど、家に帰って知らない人が居たらめちゃくちゃ怖い。

  近頃友人の結婚式ラッシュでして、久しぶりに会う人も多く、   最近何してるの?   とよく聞かれます。     昼間はもっぱら学費を稼ぐためにアル …

画像

嫌いな絵にも価値がある?懲りずに再びスケッチワークショップを開催したときの話

  今回は都内の美大予備校で3回目となるワークショップをやらせて頂いたときの内容をシェアしたいと思います。     前回に引き続きスケッチブックについてのワークショップで …

画像

ニューヨークで大流行?あえて近所でスケッチするワンマイルスケッチとは

毎日スケッチをしていると、面白いもの・描きたい思えるものがないように感じる、倦怠期のような時期があるかもしれません。   『あれ、世の中ってこんなにつまらなかったっけ?』ってなる、アレです。 …

画像

絵の初心者が絵がうまくなるためにまず家でやるべきたった1つのこと

  人物の絵(ライフドローイング)がうまく描けるようになるには、あちこちで開催されているクロッキー会に毎週参加するのが一番大切ですが、実は家でもできる練習があります。   それが模 …

カルアーツ合格記07話:美術解剖学のはじめ方。

このシリーズは、海外美大留学や絵の勉強法方に関するノウハウではなくて、その名の通りぼくのカルアーツ合格体験記です。今回は2016年3月頃のお話。     アトリエに通い、デッサンを …