スケッチ おすすめの画材

100円ショップにあるものでポータブル水彩絵具セットがもっと便利になる話

投稿日:

画像

皆さん、ポータブル水彩絵具セットをご存知ですか?当ブログでは既に話題にしたことがありますが、こういうやつです。

 

 

コンパクトかつ非常に軽量で、その名の通りどこにでも持ち運べるこの水彩絵具セット。固形水彩絵具がついていて、水筆で溶かして使います。

 

 

蓋の内側はパレットとして使用できるので、これと水筆があれば外でも気軽に水彩絵具を使うことができる、とってもゴキゲンな画材です。

 

 

そのまま使用してももちろん素晴らしい画材ですが、今日は100円ショップで購入できるものを使って、このポータブル水彩絵具をもっと便利にする裏技をご紹介します!



プラ板と接着剤で世界は変わる

ぼくが使用している持ち運び用水彩絵の具はこちら。本体の背面にプラスチック板をはっつけて自分なりのカスタマイズを施しています。

 

 

画像

なんでプラ板なんかつけてるかって?実はこうすることでクリップでスケッチブックに固定できるので、立ったままでも使用できるようになるんです!プラ板は瞬間接着剤ではりつけています。

 

 

画像

100円ショップでプラスチック板と接着剤を買ってくればすぐにできる。超簡単です。プラスチック板はカットしているので、怪我防止のために縁にマスキングテープをはっています。

 

画像

これ地味だけど(笑)、世界が変わるくらい便利ですよ!ポータブル水彩絵の具をお持ちの方は是非やってみて下さい!

 

 

ただしハードカバーのスケッチブックでないとできないのでご注意を。ソフトカバーだと水彩絵の具セットの重さに表紙が負けてしまい、うまく描けないので。

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます



Follow me!

-スケッチ, おすすめの画材
-,

執筆者:

関連記事

画像

ロモグラフィーの10ゴールデンルールがアーティストのクリエイティビティを刺激しまくる件

単にカメラを広めようとしているのではなく、カメラを使っている人はどうあるべきか、写真はどうあるべきかという事を追求しながら、     アナログフィルム写真を実験的に楽しむ姿勢そのも …

ただの会社員が1年半スケッチを描き続けたらこうなる

ただの会社員が退職して1年半の間、絵を描き続けるとどのくらい上達するのでしょうか。     今回は今までぼくが描いたスケッチを中心に、成長の軌跡を振返ってみたいと思います。 &nb …

画像

新しいスケッチがニューヨークで大流行?!ワンマイルスケッチとは

毎日スケッチをしていると、面白いもの・描きたい思えるものがないように感じる、倦怠期のような時期があるかもしれません。   『あれ、世の中ってこんなにつまらなかったっけ?』ってなる、アレです。 …

画像

絵がうまい人は何で絵がうまいのか

  『絵がうまい人ってなんで絵がうまいのか』 『どうやったら絵がうまく描けるのか』   と疑問を持つ人は多いですよね。ぼくもそうでした。     絵を描くプロセ …

画像

スケッチ後進国日本で探す、スケッチにおすすめの場所5選

『日本はスケッチ後進国である。スケッチを描く文化も、描かれる文化も醸成されていない。』   これは、とある有名なぼくの言葉から引用しました。   でも結構あてはまると思うんです。 …