おすすめの画材

絵の初心者におすすめの画材15個。とりあえずこれだけあれば間違いない。

投稿日:2017年3月28日 更新日:





画像

 

これから絵をはじめる初心者の方に、とりあえずこれだけあれば大丈夫という、ぼくのおすすめセットを公開します。

 

メインとなる画材

鉛筆

一番主流なステッドラーがおすすめで、デッサンをするには、なるべくたくさんの種類があるほうがよいですが、4Hから6Bくらいまであれば十分でしょう。

Hの数字が大きいほど芯が硬くて薄く、Bの数字が大きいものほど芯が柔らかくて濃いです。

ブランドによって描き味に微妙な違いがあるそうなのですが、ぼくはまったくその違いが分からないので、気にしていません。

 

木炭

鉛筆に並ぶほどメジャーな画材です。

画材店に行けばわかりますが、かなり多くのブランドが存在し、選ぶのが大変です。

このミズキはぼくのおすすめで、硬くて細いので細かな描写ができ、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

 

擦筆(さっぴつ)

英語だとスタンプペンシルって呼んだりします。

擦筆を立たせてこすったり、ねかせてこすることで、その部分がぼやけるというか沈んだような表現になり、画面に効果が生み出せます。

 

練消しゴム

普通の消しゴムだと紙が痛みやすいし、練消しゴムはちぎって使えるので、細かい部分を消すことができます。

また、黒くトーンを付けた場所を白く抜くことができるので、消すだけでなく時には描く道具でもある優秀な奴です。

ちなみにアメリカの練消しゴムは硬くて非常に使い辛いので、留学する際は日本で多めに買って持って行った方が良いです!

 

 

カッター

鉛筆を削るのに使用します。

芯が長く出るように削ると描きやすいです。

普通にコンビニで売っているものでOK。

 

マスキングテープ

紙を画板に固定するときに役立ちます。

水張りの時も使用しますし、何かと出番があるので、必ずひとつは持っていたほうがいいです。

 

クロッキー帳(クロッキー判)

木炭デッサンはもちろん、クロッキーをするときにも使用します。

コスパが良いので、ぼくはこれを使い続けています。

カルトンバック

木炭紙サイズのクロッキー帳は普通のリュックでは持ち運べないので、カルトンバックを使います。

 

目玉クリップ

クロッキー帳を持ち運ぶときページが擦れてせっかく描いたドローイングがダメにならないように、このクリップで3カ所以上を固定して持ち運びます。

ちなみにこの画材はこの世で一番パクられます。

 

 

パステル

クロッキーやドローイング、スケッチなど幅広く活用できる画材です。

木炭と鉛筆だけだとモノクロの作品しか作れないので、ワンセットは持っておいた方がいいです。

乱暴に持ち運ぶと筆箱のなかで粉々になるので、粗雑な扱いはしないようにご注意を。

 

ポータブル水彩セット

これはぼくの個人的ベストバイ画材で、こいつがいればどこでも水彩でスケッチができますし、準備や片づけがラクチンなので、家でちょっと色を使いたい時もこれで済ませることが非常に多いです。

 


ドローイングペン

0.3、0.5、Bの三種類があればとりあえずは大丈夫ですが、ぼくは0.03、0.05、1.0も合わせた6本セットで活用しています。

このペンは耐水性なので、水彩絵の具と一緒に使えて便利。

ぼくはこのマービーのフォードローイングを愛用しています。

 

 

スケッチブック

これは全てのメジャー(専攻)の人に必須のツールなのですが、ぼくのスケッチブックへの愛は異常に強く、ここではまとめきることができないので、専用の記事を書きました。

是非こちらをチェックして下さい。

 

自宅で本気でデッサンする人用セット

学校だけでなく、家でもちゃんとデッサンをしたいなら、上記のものに加えてこちらもあると便利です。

 

イーゼル

使わないときは折りたためるものだと嵩張らないので便利です。

 

画板or木製パネル

イーゼルにのせて使用する、下敷きみたいなものですね。

アクリル画を描くときに水張りができるので、ぼくは木製パネルを画板として使っていました。



Follow me!

-おすすめの画材
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

ダイソーの激安ボールペンがスケッチに最適な理由

  スケッチをするときにどんな画材を使用していますか?やはり良いスケッチをするには、道具にも拘りたいですよね。       でも巷にはとてつもない数のペンで溢れ …

画像

都内の美術予備校でドローイングワークショップを開催したときの話

  先日都内の美大予備校でドローイングのワークショップをやらせて頂きました。     ぼくがニューヨークのアートスクールで学んだ内容を少しアレンジしたもので、アニメーショ …

画像

1日8時間アフターエフェクトを使い続けたぼくがおすすめする最強マウスのレビュー【クリエイター用マウス】

僕が留学をしているカルアーツのキャラクターアニメーション科では、学生が年に1本フィルムを自主制作する伝統があり、ぼくはアフターエフェクトというソフトをメインで使用してフィルムを作ることにしました。 & …

画像

山手線は世界トップレベルだから電車でスマホいじってる場合じゃない。

会社を辞めてから、ひたすらスケッチをし続けている髭猿です。     絵が上達する方法をずっと考えてきて、これまでデッサンや美術解剖学を勉強してきましたが、常に平行してスケッチも描き …

画像

絵を描いたことがない人ほど参加すべき!ライフドローイング(クロッキー)のはじめ方

  アニメーションやイラストレーション専攻の学生はもちろん、海外美大を目指すならほぼ全ての学科で受験に必要なもの、それがライフドローイングです。   ライフドローイング(Life …