アート勉強方法 おすすめの画材

未来のポータブル水彩絵の具?!Viviva Colorsheetsが何やら凄い

投稿日:2018年1月28日 更新日:

画像

今回は画材紹介の記事です!クラウドファンディングで開発された、面白いポータブル水彩絵の具を見つけたので、ご紹介しようと思います。

 

 

商品名はViviva Colorsheets (ビビバカラーシート)。ポケットに入れて持ち運び可能な水彩カラーパレットシート、というのがキャッチコピー。

 

 

INDIEGOGOというクラウドファンディングサービスで出資者を募ったこの商品は、16色のシート状のパレットから構成される、携帯性に非常に優れた水彩絵の具だそうです。絵の具が固形ではなく、シート状になってる。動画見たけどなんやこれ、カッコいい。テンション上がります。

 

 

従来の固形水彩絵の具とプラスチックのパレットが付いているポータブル水彩絵の具セットと比較すると、びっくりするくらい本体が薄く、確かに携帯性はとても良さそう。

 

 

ただ価格がちょいと、いや結構高い・・・。あと、どれくらい絵の具がもつのか気になる。薄さがうりでペラッペラだから、素人目で見ると、すぐ絵の具がなくなってしまうような印象なのだが、そんなことないのだろうか。

 

 

いずれにせよ、一度は使ってみたいおもしろ画材ですね!

 



 

 

ちなみに少し調べてみると、実は同じようなシート状の水彩絵の具で、Peerless Watercolorsという商品が昔からあることが分かりました。

 

 

単純にぼくが知らなかっただけで、もしかしたらシート状の水彩絵の具という商品は業界にとってはさほど目新しくはないのかもしれません。

 

 

両商品の比較動画もYoutubeにあったので、気になる人はチェックしてみてください。また面白い海外の画材を見つけたらご紹介しようと思います。では!

 

 

ちなみに管理人によるおすすめのスケッチブック論はこちら。

スケッチ後進国日本で探す、おすすめのスケッチブック





Follow me!

-アート勉強方法, おすすめの画材
-,

執筆者:

関連記事

画像

スランプになったときの処方箋。クロッキーがうまく描けないときに有効な練習法まとめ

ひたすらライフドローイング(クロッキー)をしていると、スランプというか、自分にとって都合のいい描き方を繰り返しているだけになってくることがあります。   そんなときぼくの先生は『常にリスクを …

画像

絵に自信がない人は逆に一切手元を見なくていい!海外美大でも学ぶブラインドコントアーと呼ばれるトレーニングを公開

  道具も揃えて目標も掲げたら、まず最初にやるべきトレーニングがあります。     それがblind contour(ブラインドコントアー)と呼ばれるトレーニングです。 …

画像

ただの会社員が1年半絵だけ描き続けたらこうなる

ただの会社員が退職して1年半の間、絵だけを描き続けるとどのくらい上達するのでしょうか。   ライフドローイング(人物画)を中心に、ぼくの成長の軌跡を振返ってみたいと思います。   …

Netflixを契約しているぼくが追加でU-NEXTにも申し込んだ理由

  NetflixやHulu、dtvと様々な動画配信サービスがある昨今。現在の髭猿はNetflixユーザーとして幅を利かせています。     にも関わらず!私は今月からU-NEXT …

画像

絵の初心者におすすめの画材15個。とりあえずこれだけあれば間違いない。

  これから絵をはじめる初心者の方に、とりあえずこれだけあれば大丈夫という、ぼくのおすすめセットを公開します。   メインとなる画材 鉛筆 ステッドラー ルモグラフ鉛筆100 G1 …