アート勉強方法 アナトミー(美術解剖学) おすすめの書籍

Kindle Unlimitedで無料で読めるおすすめの美術解剖学書

投稿日:

画像

カリフォルニア芸術大学に留学している髭猿(Twitterはコチラ)です。

 

『ちゃんと人体構造を理解した上で絵が描けるようになりたい!』

『独学で美術解剖学を勉強したい!』

という人は多いと思います。

 

でもせっかく美術解剖学の勉強をしよう!と思っても、美術解剖学の本って結構高いんですよね…。そんな方に朗報です。美術解剖学を無料で読む方法があります!

 

美術解剖学書を無料で読む方法

・Kindle Unlimitedを使う

・Amazonプライム会員になる

 

いずれかの方法で、対象のKindle本が追加料金なしで読み放題になります!しかもどちらも30日間無料!

 

ということで今回は

  • Kindle Unlimitedって何?
  • Amazonプライムって無料で本が読めるの?
  • 無料で読めるおすすめの美術解剖学書

についてご紹介します。それではどうぞ!




Kindle Unlimitedを使う

Kindle Unlimitedの特徴
  • 30日間無料
  • 対象のKindle本が読み放題
  • いつでも退会可能

 

Kindle Unlimitedなら対象Kindleが読み放題になります。会員費は30日間無料!2ヶ月目以降は月額980円で読み放題です。月1冊読めば元が取れます。

 

Kindle Unlimitedを見てみる

 

 

Amazonプライム会員になる

Amazonプライム会員の特徴

30日間無料

対象のKindle本が読み放題

Amazonプライム会員の他のサービスも利用可能

  • お急ぎ便
  • お届け日時指定便
  • Prime Videoで映画やドラマが見放題
  • Prime Musicの音楽が聴き放題
  • Kindle本が毎月1冊無料で読める
  • 商品が1時間で届くPrime Nowが使える

 

Amazonプライム会員専用の読み放題サービスPrime Readingを使うことで、対象書籍は追加料金なしで読み放題になります。会員費は30日間無料で、無料期間後は年間プラン4,900円または月間プラン500円で、引き続き全てのサービスを利用できます。

 

Amazonプライム会員を見てみる

 

 

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違い

まずはKindle本のタイトル数が異なります。

Kindle Unlimited:和書12万冊以上/洋書120万冊以上

Prime Reading:Kindle unlimited対象タイトルの中から数百冊(800冊強)

 

単純な本の数は圧倒的にKindle Unlimitedの方が多いです。しかしPrime Readingは上述の通り、Amazonプライム会員の他の全てのサービスも付随してきます。

 

美術解剖学書はKindle Unlimitedの方が多いです。イラストの描き方に関する本であればPrime Readingにもあります。あまり映画や音楽を利用しない場合は、Kindle Unlimitedの方が良いと思います。もしくは、それぞれの対象タイトルで決めても良いかもしれませんね!

 

 

Kindle Unlimitedで無料で読めるおすすめの美術解剖学書

上記のうち下2冊は医療やスポーツ用の解剖学書ですが、イラストの図説が多いので美術解剖学書としても使えそうです。

 

 

Kindle Unlimitedで無料で読めるおすすめの絵の本

【人物クロッキーの基本】はクロッキー会場でもよく見かける名著ですね!

 

 

Amazonプライム会員で無料で読めるおすすめの本

 

既にAmazonプライム会員の方は是非チェックしてみて下さい。

 

 

まとめ

Kindle Unlimitedで無料で読めるおすすめの美術解剖学書について紹介しました。美術解剖学や絵の勉強を初めて以降、ぼくは相当な金額を書籍に費やしてきました。さらに集めてきた本はめっちゃ嵩張るし重いので、とても留学先に全てを持っていくことはできません…。

 

本ってたくさんあると収納や引っ越しの悩みのタネです。でも電子書籍ならそんな煩わしさが一切ない!その上読み放題!無料期間もあるので、是非絵の勉強に役立ててみて下さい。

 

スマホ・PC・タブレットがあれば読むことができます。Kindleだと白黒になってしまうので、iPadなどタブレットで読むのが一番おすすめです!

 

関連記事

-アート勉強方法, アナトミー(美術解剖学), おすすめの書籍
-,

執筆者: