こちら留学戦線異常なし!

こちらは通常のブログ記事とは別枠でカルアーツ生活にまつわるエトセトラや、ちょいネタなどを随時更新してきたこちら留学戦線異常なしというコーナーのまとめ記事です。

 

 

先生からもらった一言アドバイスとか、おすすめのアーティストとか作品とか、海外節約術とか、日々の出来事とか、読者の皆さんにシェアしたいんだけどブログ記事1本分にするほどの長さはなく、かといってツイッターでは収まりきらないみたいな情報を徒然なるままに記録したものです。

 

 

現在は2年目前期(秋学期)について連載中です。海外美大留学に興味がある方へ、少しでも留学生活のイメージが伝われば幸いです!

 

 

1年目のまとめはこちらからどうぞ。

Vol.01:1年目前期(秋学期)のまとめ記事

Vol.02:1年目後期(春学期)のまとめ記事


春学期:week0

画像

さて、LAに戻ってきました。授業は9月10日(月)からですが、その前の今週が履修登録期間になっています。新入生用のガイダンスもこの間に開催されます。カルアーツの履修登録は少し変わっていて、オンラインで履修登録できる授業と、先生のもとへ出向き先生からサインをもらわないと履修登録できないサインアップと呼ばれる2つの方法があります。サインアップで履修登録する授業は受講者数の上限があるので早い者順となります。そのため、早い人は朝4時からサインアップのために並び始める。もう、これ生徒たちからは超不評の仕組みなんです。なんで2018年にもなってこんなアナログな方法なのかと。大学側に聞いたら『伝統だから』と。なんじゃそりゃと(笑)。そんな感じで2年目がはじまりますー。

 

 

なんと今年の冬休み期間中に、ラボに設置してあるWacomの液タブが全て新しくなるそうな!で、今まで使用していた古いやつ(ワコム 液タブ 21.5インチ Cintiq22HD DTK-2200/K1)はどうなるかというと、約30台程は構内のガレージセールに出されるみたいなんです!やべえ…欲しい。いくらになるんだろう。とりあえず続報を待ちます。

 

 

春学期:week1

去年の反省を活かし、今年はとりあえず何よりも先に風邪薬を買い揃えました。体調崩したら薬を買いに行けないですからね!ぼくが去年留学中に丸3日寝込んだときの話はこちら。その他は食料品、シャンプーや洗剤などの日用品も購入。去年はそもそもどこで何が買えるのか分からないところからスタートだったので、随分と気が楽です。相変わらず車はないけれど。

 

 

1週目から容赦なくガンガン課題が出てます。特に衝撃だったのが、Film Workshopという2年生以上が履修できるクラスの課題で、1週間でFilmを作ってこいというもの(笑)。Film Workshopはいわゆるゼミみたいな感じの小規模な授業で、生徒は多くても10人以下、先生やクラスメイトとディスカッションしながら、自分のFilmを作っていくクラスです。もちろん他の授業の課題も出ている。でもFilm制作はなんやかんや楽しいから、結構嬉しい課題だったりします。

 

 

今学期の全ての授業一通り出席しました。去年はとりあえずやってみよう的な雰囲気だったのに対し、2年生になるとより実践的な授業が増えて面白さが倍増。LayoutやSoundなど、1年目はなかったクラスも多いので、また別記事で今学期の時間割をちゃんとまとめようと思います。

 

 

春学期:week2

なんか英語の課題が多い気がする。リーディングとライティング。全然良いんですけど。むしろもっとやらないといけないくらいなんですけど。去年は英語学習に関してはあまり積極的にはせず、自然体で生活する中で英語が伸びればいいなあーと思ってたんですけど、そんなに甘くないと分かったので(笑)、英語も主体的に学習していこうと思います。

 

 

今年の授業を受けて、アニメーションもストリーボードも文章を書くのに似ているなーとつくづく思います。去年からそんな感覚はあったのですが、確信に変わりました。作画を始める前にどれだけ濃密な準備ができるかが勝負だと。ストーリーの先生は、『ストーリーボードで一番難しいのは描き始めだ。文章を書く時に書き出しが一番難しいのと同じだ』と言っていました。やばい超分かる。ストーリーボードに関しては初心者だけど、文章を書くことに関してその感覚は凄く分かる。そして、実際にストーリーボードを描く前に、ラフスケッチで準備をしていくことの大切さを教えてくれました。いやはや、いきなり描き始めて『ストーリーボード難しいいぃ』と言っていた去年のぼくはいかにポンコツだったことか。




投稿日:2017年11月26日 更新日:

執筆者: