海外美大受験

【受験後】入学までのバイトはどうする?短期間のバイトの探し方5選

投稿日:2017年3月11日 更新日:





画像

海外美大受験が終わった1月頃から、入学の8月末頃まで学費を貯めるためにアルバイトをしようと思う人は多いと思います。

 

しかし1年以内の短期となるため、雇ってもらえるアルバイトがありません。

 

そこで今回は、短期間でも雇ってもらえる仕事をいくつか紹介します。

 

アルバイトをする

画像

 

・海外美大留学クラスがある美術系予備校でアルバイト 

受験経験で得た知識やスキルをフル活用できます。

日本では海外美大受験に関するノウハウがまだまだ不足しているので、短期でも雇ってくれる予備校はあると思います。

ぼくもやっていました。

仕事としてアートに関わる事ができるのはやはり楽しいので、個人的にはこれが一番おすすめですね。

 

・スタートアップでアルバイト

スタートアップ(急成長中の企業のこと)は常に人手が不足しているため、数ヵ月から半年という短期でも雇ってくれる企業が多いです。

時給は恐らく1,000円ですが、データ入力などの事務作業要員を募集しているところが多く、PCスキルに自信がない人でも働けると思います。

ぼくもやっていましたが、スタートアップと呼べる企業は雰囲気も良いし、色んなバックグラウンドを持った人がいるので本当に面白いですよ。

ちなみにスタートアップはWantedlyというアプリで求人を出すことが非常に多いので、興味がある人はダウンロードしておいた方が良いです。

 

・派遣会社に登録して働く

職場によって労働環境に非常に差があるためぼくは利用しませんでしたが、短期でもOKな仕事をたくさん見つける事ができます。

 

リモートで働く





・ライターをする

在宅で仕事ができるし、エクセルやパワポなどのPCスキルもいりません。

文章力に自信がなくても、たいていの企業は編集担当の人がフォローしてくれるので大丈夫だと思います。

相場は一記事2,000円前後。執筆作業は2時間半くらいかかるので費用対効果は低めですが、自分の好きな場所・時間で作業できるのは魅力的ですよね。

常にたくさんの留学サイトがライターを募集しているので、海外美大受験の一環として語学留学やNY留学を経験している人は特におすすめです!

 

・クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドワークスやランサーズが有名ですね。

単価が非常に安いことで騒がれていましたが、他の仕事と併用し、スキマ時間にこなすような使い方をすればありだと思います。

ぼくは試したことがないのでなんとも言えませんが案件はしっかり選んだ方が良いでしょう。

 

まとめ

画像

 

いかがでしたでしょうか。

 

やっぱりぼくのおすすめは、美術系予備校の留学クラスのサポートか、スタートアップでのアルバイトです。

 

当たり前ですが、入学が近づくほど仕事探しが難しくなるので、できれば2月までには決めておきたいところですね。

Follow me!

-海外美大受験
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像

仕事しながら絵の勉強をしていた時の1週間の生活リズム

  2016年4月からは、仕事しながら週末だけ学校に通っていました。   当時はサラリーマンでしたが、ほぼ絵とTOEFLの事だけしか考えていませんでした。   その頃の生 …

画像

管理人が今まで学んできた7つのアート系学校の種類と特徴まとめ。最適な学習環境を求めよ。

  こんにちは。今まで合計14カ所でアートの勉強をしてきた管理人の髭猿です。     より良い環境を求めて、手探りで本当に色んな学校やアトリエで勉強してきました。時にその …

画像

会社員がゼロから海外の美大を目指す上でネックとなる5つのこと

  会社員の方の中にも、今から海外の美大に進学したい人はたくさんいると思います。     国内で美大を卒業した方が、一般企業で数年働いた後に海外の大学院に進学するケースは …

画像

カルアーツを目指す人にありがちな5つの間違い

  ぼくは、カルアーツ受験1回目のときは日本の美大予備校に通い、2回目のときはNYのアートスクールに通っていました。   2回目の挑戦でカルアーツに合格し、いざ振返ってみると、1回 …

カルアーツ合格記07話:美術解剖学のはじめ方。

このシリーズは、海外美大留学や絵の勉強法方に関するノウハウではなくて、その名の通りぼくのカルアーツ合格体験記です。今回は2016年3月頃のお話。     アトリエに通い、デッサンを …