「 アート勉強方法 」 一覧

画像

海外の美大に行きたいなら、とにかく今すぐ英語を始めた方がいい理由。

  海外美大留学に興味があるなら、今すぐ始めた方がいいことがあります。   それは英語。   なぜなら海外美大受験において、TOEFLやIELTSのスコアの提出は必須項目で、何人た …

画像

絵を描いたことがない人ほど参加すべき!ライフドローイング(クロッキー)のはじめ方

  アニメーションやイラストレーション専攻の学生はもちろん、海外美大を目指すならほぼ全ての学科で受験に必要なもの、それがライフドローイングです。   ライフドローイング(Life …

画像

上級者にもおすすめ。ブラインドコントアーで面白い作品をつくる方法

  初心者におすすめのトレーニングとして紹介したブラインドコントアーですが、実はこれはただのトレーニングではなく、上級者も用いる立派な技法でもあります。   そこで今日はブラインド …

画像

これだけあれば良い。美術解剖学を学ぶのにおすすめの3つの書籍

海外美大受験においてライフドローイングは重要です。   ライフドローイングがうまくなるには、数をこなすのももちろん大切だが、それだけでは時間がかかるし不十分。   上達の鍵はアナト …

画像

スランプになったときの処方箋。クロッキーがうまく描けないときに有効な練習法まとめ

ひたすらライフドローイング(クロッキー)をしていると、スランプというか、自分にとって都合のいい描き方を繰り返しているだけになってくることがあります。   そんなときぼくの先生は『常にリスクを …

画像

カルアーツに合格したい人必見。ポートフォリオにスケッチブックの提出がある場合の注意点

※カルアーツのキャラクターアニメーションを受験する方メインの記事です。対象外の方はこの限りではないので、ご注意ください。     カルアーツのキャラクターアニメーション科の受験生を …

画像

新しいスケッチがニューヨークで大流行?!ワンマイルスケッチとは

毎日スケッチをしていると、面白いもの・描きたい思えるものがないように感じる、倦怠期のような時期があるかもしれません。   『あれ、世の中ってこんなにつまらなかったっけ?』ってなる、アレです。 …

画像

スケッチ後進国日本で探す、スケッチにおすすめの場所5選

『日本はスケッチ後進国である。スケッチを描く文化も、描かれる文化も醸成されていない。』   これは、とある有名なぼくの言葉から引用しました。   でも結構あてはまると思うんです。 …

画像

海外美大受験に落ちてわかったポートフォリオのつくり方

  ぼくは足かけ1年半の海外美大受験で、   ・一度目の失敗 ・二度目で海外有名美大3校に合格   を経験しました。   そしてぼくはポートフォリオのつくり方の …

画像

海外美大受験で一番大切なポートフォリオについて最低限知っておきたい4つのポイント

  海外美大受験において最も大切な要素である、ポートフォリオについて解説していきます。   ポートフォリオとは自分の作品群のことで、どの専攻の学生も大体20個前後の作品で構成するも …