「 アート勉強方法 」 一覧

画像

自分の過去のクロッキーを描き直してみる:カルアーツ合格記09話

このシリーズは、海外美大留学や絵の勉強法方に関するノウハウではなくて、その名の通りぼくのカルアーツ合格体験記です。     アトリエの先生の勧めでオールドマスターの模写をやっている …

画像

ロモグラフィーの10ゴールデンルールがアーティストのクリエイティビティを刺激しまくる件

単にカメラを広めようとしているのではなく、カメラを使っている人はどうあるべきか、写真はどうあるべきかという事を追求しながら、     アナログフィルム写真を実験的に楽しむ姿勢そのも …

画像

今すぐできる!元Prattの先生が教える、衝撃のクロッキー術6選!

カルアーツに入学する前、ぼくはニューヨークのP.I. Art Centerに短期留学をしてポートフォリオを作成していました。     P.I. Art Centerで取ったのが、元 …

画像

初めて海外のクロッキー会に参加して気が付いた、日本と違う3つのこと

ぼくが初めてニューヨークのヌードクロッキー会に参加したときに気が付いたことを綴ったメモが出てきたので、今回はそれをシェアしようと思います。     あまりにも日本のクロッキー会と違 …

Apple Pencilで快適にスケッチをするために注意したいこと。スマートキーボードは絶対買わない方がいいワケ

Apple PencilとiPadで快適なお絵かきライフをおくっている髭猿ですが、購入直後は少し不便なことがありました。例えば、     ・Apple Pencilが細すぎて持ちづ …

美大生のぼくがiPad ProではなくiPad第6世代を購入した理由

iPad(無印)が遂に第6世代からApple Pencilに対応し、『iPad ProじゃなくてもApple Pencilが使える!』とずーっと気になっていたのですが、この度遂に購入いたしました!パチ …

画像

世界で最もスケッチにおすすめの場所は山手線だ。電車でスケッチをしよう。

会社を辞めてから、ひたすらスケッチをし続けている髭猿です。     絵が上達する方法をずっと考えてきて、これまでデッサンや美術解剖学を勉強してきましたが、常に平行してスケッチも描き …

ただの会社員が1年半スケッチを描き続けたらこうなる

ただの会社員が退職して1年半の間、絵を描き続けるとどのくらい上達するのでしょうか。     今回は今までぼくが描いたスケッチを中心に、成長の軌跡を振返ってみたいと思います。 &nb …

画像

1日8時間アフターエフェクトを使い続けたぼくがおすすめする最強マウスのレビュー【クリエイター用マウス】

僕が留学をしているカルアーツのキャラクターアニメーション科では、学生が年に1本フィルムを自主制作する伝統があり、ぼくはアフターエフェクトというソフトをメインで使用してフィルムを作ることにしました。 & …

画像

自分は絵が下手だと思っている人に届けたい10の言葉

絵がうまく描けない。絵を描くのが好きだったはずなのに、人に下手だと言われて、自分の絵が嫌いになって、絵を描くことそのものが嫌になっていく。そんな経験はありませんか?     もちろ …