スケッチ アート勉強方法 おすすめの画材

iPadで絵を描くだけなら最も安いモデルはどれ?

投稿日:2021年3月27日 更新日:

絵を描くためにiPadを買おうとしています。

絵を描く以外にはiPadは使わないので高性能なiPadはいらないと思っているのですが。

絵を描くだけならどれが一番いいですか?

 

こういった疑問を持つ方は多いですよね!なので今回はシンプルにお答えしようと思います。

 

美大生およびフリーランスのアーティストとして普段iPadを使用しているぼくの独断と偏見と体験談を交えた回答ですが、参考になれば幸いです。

 

忙しい方へ先に結論

iPadで絵を描くだけ!絵を描く以外には使わない。という方には、iPad第8世代がおすすめです!

 

iPad第8世代がApple Pencil対応のiPadの中で、シンプルに一番安いです。

 

とはいえ現在販売されているiPadの種類は多く、少し整理しないと分かりにくい。

 

なので、

  • そもそもApple Pencil対応のiPadはどんなものがある?
  • こんな人にiPad第8世代がおすすめ!
  • こんな人は他のiPadの方が良いかも

ということについて詳しく説明してきます。

 

気になる方はこのまま読んでみてください。それではどうぞ!




1番安いモデルはiPad第8世代

Apple Pencil対応の現行の最新モデルでの比較です。サイズの大きい順に左から並べてみました!

 

iPadProが2種類あるのは、サイズが違うからです。Appleはサイズが違うものはそれぞれ別のモデルとして扱うので、12.9インチiPadの最新モデルは第4世代、11インチのiPad Proは第2世代となっています。

 

単純に価格だけを見ると、iPad第8世代が最も安い選択肢になります。ではスペックはどうでしょうか?

 

 

Apple Pencil対応のiPadはどんなものがある?

それぞれiPadの特徴を簡単にまとめてみました!細かい数値などは公式やその他のブログでたくさん解説されているので、ざっくりとしたイメージをお伝えしますね。

 

iPad第8世代が最もオーソドックスなモデルで、上位モデルのiPad Air、最上位モデルのiPad Proという構図です。上述の通りiPad Proは2サイズあります。

 

iPad miniが少しトリッキーです。iPad miniは単純にiPadを小型化したものではありません。iPad第8世代とiPad mini第5世代のスペックを比較すると、直接絵に関係するディスプレイについてはiPad mini第5世代の方が高機能です。なので、高スペックモデルの小型版としています。

 

 

iPad第8世代って一番スペックが低いの?

じゃあiPad第8世代って一番スペックが低いの?

 

はい、事実そうです。確かにiPad第8世代よりiPad Proの方がスペックは良いです。ですが、人によっては必要以上に高機能になってしまい、全く使いこなせないことも…。

 

だから注目して欲しいのがiPad第8世代のスペックが低いことではなく、これが基準となるモデルだということです。

 

他のiPadがめちゃくちゃスペックが良いというだけで、iPad第8世代でも絵を描く上では十分にパワフルなマシンです。

 

なので、iPadのスペックではなく、まずiPadを使って自分が何をしたいのかを考えることが大切です。もしシンプルに絵を描きたいだけなら、iPad第8世代で十分というのがぼくの考えです。

 

 

iPad第8世代はこんな人におすすめ!

 

  • iPadで趣味の絵を描きたい!
  • 初めてデジタルイラストに挑戦する
  • とにかく価格を抑えたい
  • スケッチブックのように持ち運んで外でも絵を描きたい
  • 絵を描く以外のクリエイティブな作業はしない

 

ぼくがiPadとApple Pencilでやりたかったこと

ぼくは外でスケッチやペインティングがしたいと思ってiPadを購入しました。しばらく色と光の勉強の強化期間にしようと思っており、要はもっとあちこちで色んな画材を使える環境が欲しかったんです。

 

普段電車の中や街中でスケッチをしていますが、そんなときも色を使いたい。とはいえ外では簡単に絵の具が広げられない場所もあります。でもiPadなら絵の具も水も筆もパレットも不要で色が使える。

 

また、机がない場所で片手でiPadを持ちながら絵を描くとなると当然iPad Proでは大きすぎるし、何十時間もかけて作業するわけでもないので、サイズ的にもスペック的にもiPad無印が最適だと思っての購入でした。

 

描きたい時に描きたい場所で絵を描くというフットワークの軽さは、まさに求めていたとおりの満足感です。しかも仕事のイラストもiPadだけで完結することも多いので、

 

スケッチブックの延長線でたくさん絵を描きたい人も、漫画や仕事用のイラストを描きたいイラストレーターさんも、iPad第8世代とApple Pencilで楽しく絵を描くことができます。

 

ぼくなんか未だにiPad第6世代使ってますからね(笑)。ラフスケッチから完成まで、余裕で使えます!

美大生の僕がiPad ProではなくiPad第6世代を購入した理由とレビュー

 

 

おすすめの容量は?

iPad第8世代では32GBと128GBから容量を選びます。価格差は1万円です。

 

予算があれば128GBがおすすめですが、作品や資料などをちゃんとクラウドで保存・管理すれば32GBでも問題ありません。

 

ただ後々、

  • 色んな種類のお絵かきアプリを試してみたい
  • iPadでアニメーションもやってみようかな
  • Kindleでイラストの教本を読んで勉強しよう

と、興味が湧いてきたときに色んなアプリや電子書籍をダウンロードできるように容量は大きい方が安心かなと思います。

Kindle Unlimitedで無料で読めるおすすめの美術解剖学書

 

 

こんな人は他のiPadの方が良いかも




  • なるべく大きい画面で作業したい
  • イラストを描くのにレイヤーを何十枚も使う
  • 家でしか作業しない
  • 動画編集などもするかもしれない
  • とにかくスペックが高いiPadを使いたい

 

もうゴリゴリに制作するような方はiPad Proの方が良いと思います。特にかなりの枚数のレイヤーを使って絵を描くような場合は、iPad第8世代だとすぐにレイヤー上限に達してしまうかもしれません。

 

もし単純に大きな画面で作業したいなら、iPad Proよりも液晶タブレットの方が良いと思います。PCは必要ですが、20インチ以上のサイズで作業することも可能です。

 

 

iPadで快適に絵を描くためにこれがあると便利

ぼくの場合、iPadで快適に絵を描くには、

  • iPad
  • Apple Pencil
  • Apple Pencil用ケース
  • イラスト用スタンド
  • 誤反応防止グローブ
  • イラストアプリ(Procreate)

 

が必要でした。

 

iPadを導入したばかりの頃は快適な環境を求めて色々試していましたが、一旦この環境で安定しました。iPadを買ってみたけどイマイチ絵が描きにくいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

iPadで快適にイラストを描くために必要なもの。これだけで十分!

-スケッチ, アート勉強方法, おすすめの画材
-,

執筆者: